家電
2014/12/25 17:15

持ち歩ける加湿器「パーソナル加湿器」ってなに?

肌トラブル予防に最適!コンパクトで外出時にも持ち出せる!

HSH-100 商品画像
↑オムロン
パーソナル保湿機 HSH-100

 

冬の乾燥は、のどや鼻の粘膜の働きを弱めて感染症のリスクを高めるため、しっかりしたケアが必要だ。しかし、就寝中に加湿器を使うと部屋が湿っぽくなりすぎて、かえって不快になりがち。また、運転音が気になって眠りが浅くなってしまうという難点もある。

その点、オムロンのHSH-100は寝ている人の顔の周りだけをスチームでやさしくうるおすため、極めて快適だ。運転音も小さく、さらに本体の幅は約15㎝とコンパクト。ベッドサイドに置いても圧迫感がない。

 

HSH-100 タンク画像
↑容量約970mlのタンクはコンパクトで取り扱いもラク。眠る前に一度給水すれば、最大8時間の連続運転が可能だ

 

HSH-100 噴霧口
↑噴霧口は二段構造。下側から出るスチームの上昇を、上からの風が押さえ、約75㎝先まで水平にスチームを届ける

 

なお、HSH-100使用の様子は、下記の動画でも公開しているので、ぜひチェックしていただきたい。

 

MH-C10U 商品画像
↑カドー MH-C10U(右:シルバー、左:ブラック)

 

一方、外出先では効果的な保湿方法がないのも悩みの種だ。だが、カドーのMH-C10Uは、高い携帯性でその悩みを解消する。高さ約21㎝、約450gのボディにバッテリーを内蔵し、バッグに忍ばせておけばいつでも加湿が可能だ。

MH-C10U 噴霧口
↑ボディ中央のミスト噴出口。ミストの量は弱/強で切り替えができるほか、噴出と停止を繰り返す間欠運転も行える

 

MH-C10U ケーブル
↑本体にはリチウムイオンバッテリーを内蔵。USBケーブルを使って充電できるので、PCに接続して充電してもOKだ

 

この2機は、まさに個人用として穴が見当たらない=「過失がない加湿器」といえる。最大の加湿、いや過失は、その便利さを知りながら、これを手に入れないことだ。

 

【製品情報】

オムロン

HSH-100 商品画像

パーソナル保湿機 HSH-100

実売価格2万8960円
(問)オムロンヘルスケア お客様サービスセンター
℡:0120-30-6606
スチームが人の顔周りを集中的に保湿し、のどや鼻、肌のうるおいを保つパーソナル保湿機。スチームの温度は約45℃と、直接当たっても快適な低温を実現した。運転音はささやき声よりも静かな27dBと、睡眠中も気にせず使える。

SPEC
●消費電力:210W●最大スチーム発生量:210㎖/h( ※1)●運転モード:切タイマー/連続●電源コード長: 約1.4m●サイズ/質量:W約150×H277×D328㎜/約2.9㎏

 

カドー

MH-C10U

MH-C10U 商品画像

実売予想価格1万9800円

(問)カドーサポートセンター
℡:0120-707-212
高さ21.1㎝のコンパクトな加湿器。デスクやベッドサイドで使えるほか、バッテリー内蔵で携帯できるため、クルマの中や旅先のホテルなどで重宝する。金属素材の質感が際立つ上質なデザインも魅力だ。カラバリは3色を用意。

SPEC●加湿量:15㎖/h(弱)/30㎖/h(強)/6㎖/h(間欠)●消費電力:350550mA●タンク容量/120㎖●本体色:3色●サイズ/質量:φ65×H211㎜/約450g ※仕様は変更になる場合があります

TAG
SHARE ON