家電
美容家電
2019/6/1 20:30

「リーズナブルで高性能」は本当か? マクセルイズミ「2万円以下の5枚刃シェーバー」徹底検証

各社の高級電気シェーバーをとことん検証する連載企画の第4回は、「リーズナブルな価格なのに高機能かつ高性能!」とネットでの評価も高い、マクセルイズミのIZF-V998をチェックします。

「マクセルイズミ」という名前に耳なじみがない方もいるかもしれませんが、本年4月から同名の新会社となるまでは、「泉精器製作所」という1939年創業の老舗メーカーでした。1959年から電気シェーバーなどのOEM供給を始め、パナソニックなどでおなじみの往復式シェーバーのほか、フィリップスと同じロータリー式(回転式)シェーバーも生産。現在も長野県松本市で高品質の製品を開発し続けています。

 

今回お試しするIZF-V998は、往復式の5枚刃モデル。どんな実力を見せてくれるか、楽しみです。シェービング性能については「深剃り具合」「肌への負担」をチェック。さらに「操作性」「メンテナンス性」「付加機能」も検証しました。

 

【チェックする機種はコチラ】

5枚刃採用と高速駆動で爽快な深剃りを実現!

マクセルイズミ

往復式シェーバー

IZF-V998

実売価格1万9010円

同社初の5枚刃採用で、スピーディなシェービングを実現したモデル。毎分1万ストローク(ターボモード時)の高速モーター駆動と高耐久ステンレス刃の採用で、従来モデルより約36%ヒゲ剃り効率がアップした。5枚刃のため肌への接触面が広く、肌への圧力が分散できるうえ、独立して上下3mmにフローティングする外刃が肌に密着し、剃り残しを抑える。フル充電で約4週間シェービングが可能。全自動洗浄充電器を付属し、メンテナンスもラクだ。本体3年保証は業界最長。

SPEC●刃の枚数:5枚刃●駆動方式:往復式●ストローク数:約1万ストローク/分(Turbo時)●充電時間:2時間●連続稼働時間:約84分(1日1回3分使用で28日間)●サイズ/質量:約W70×H160×D51mm/約268g

 

《深剃り具合》

ワンストロークで上々の深剃り。3分のシェービングで満足いく剃り上がりに

本機は「通常モード」と「ターボモード」という、モーター駆動速度の異なる2モードを搭載しています。今回は「通常モード」での剃れ具合をチェック。シェービングを3分行い、ヒゲの剃れ具合を見た目と手で触った感覚で確認しました。

↑筆者はそれほどヒゲが濃くないので、まる2日間伸ばした状態でシェービングしました

 

「通常モード」の駆動速度は明示されていませんが、使ってみると上々の剃れ具合。ワンストロークで爽快に刈り進んでいく印象で、前々回に試したブラウンのシェーバーのように、稼働中はかなりの振動を感じます。

↑外刃は4枚の「網刃」が並ぶ、その真ん中に「クセヒゲトリマー刃」が設置されています

 

開始1分ほどでひと通り剃り終えたので、剃れ具合をチェックしましたが、手で触った印象では、全体に剃り残しが感じられました。さらにシェービングを進めて2分経つと、かなり剃れてきた感覚が出てきましたが、口元の窪みの部分や顎の一部にややザラつきを感じました。そこからさらに、剃る方向を変えたり、口元の窪み部分を舌で持ち上げたりしながら3分剃った結果、ほぼ満足のいく剃り上がりになりました。

↑左が開始1分の剃れ具合。口元の黒い剃り残しがやや目立ちます。右は3分シェービングしたあと。口元の剃り残しがだいぶなくなりました

 

一方「ターボモード」では、より素早いシェービングが可能。筆者の場合、通常モード3分の深剃りが2分強でできる印象でした。ただし、ターボモードで通常モード以上の深剃りができるという印象は持ちませんでした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
全文表示
TAG
SHARE ON