家電
2015/6/19 8:00

お茶プレッソがこっそり(?)進化! ぬる~いお茶は飲みやすい!

150618-10

 

昨年発売されたシャープの「お茶プレッソ」は、累計生産台数が15万台に達したヒット作。茶葉を挽いて使うため、カテキンなど、茶葉の栄養がまるごとお茶になるのが魅力です。実はその「お茶プレッソ」がこっそり(?)進化していたのをご存知でしょうか。

 

ぬるいお茶はまろやかで飲みやすい!

その後継であるSHARP ヘルシオお茶プレッソ グリーン系 湯ざまし機能付き TE-TS56V-Gは、湯温を約70℃まで下げてお茶を点てる「湯ざまし機能を新搭載。通常の「温茶」(約85℃)に加え、まろやかな味に仕上がる「ぬるめ」(約70℃)が選択可能になりました。一度に淹れられる量も560㎖と、前製品から140㎖(湯のみ1杯分)アップ。本格的なお茶が、気兼ねなく「もう1杯!」とおかわりできるとは、うれしい限りです。

 

↑一度沸騰させてから短時間で冷却する「湯ざまし機能」の開発には苦労があったとか。熱湯が移動する間に冷風を当てることで「ぬ るめ」も「温茶」と同じ時間で淹れることに成功しています。
↑一度沸騰させてから短時間で冷却する「湯ざまし機能」の開発には苦労があったとか。熱湯が移動する間に冷風を当てることで「ぬ
るめ」も「温茶」と同じ時間で淹れることに成功しています

 

こっちが本編!? 編集部員がお茶を点てて飲んでみた

 

製品情報

シャープ

SHARP ヘルシオお茶プレッソ グリーン系 湯ざまし機能付き TE-TS56V-G

実売価格3万20円

SPEC●定格消費電力:940W●電源コード:約1.2m●最大使用水量:560mℓ●お茶うす粉末生成量/約6.0g(15分・細)●サイズ/質量:233×H296×D225㎜/約3.0㎏

 

TAG
SHARE ON