家電
オーブン・レンジ
2019/6/14 18:30

「タイガーって魔法びんの会社なんだ」と改めてわかるトースター発売

タイガー魔法瓶は、「コンベクションオーブン&トースター<やきたて>KAT-A130」を7月21日に発売します。実売予想価格は2万円前後(税抜)。

↑コンベクションオーブン&トースター<やきたて>KAT-A130。カラーはマットホワイト

 

2重のガラス扉で熱を中に閉じ込め、スピーディに加熱する

同社のトースターは、ワイドな庫内がユーザーから評価されているとのこと。その広い庫内でも効率よく熱を伝えるべく、魔法瓶メーカーならではの発想(※)として、本機には、2重のガラス扉で熱を中に閉じ込める「断熱Wガラス」構造を採用。前面のガラス扉から熱が逃げにくくなることで、庫内を効率よく加熱できるため、トーストは従来品より約30秒速く焼けるようになりました。

※初期の魔法瓶はガラス瓶の2重構造で、外びんと内びんの間を真空状態にして断熱。また、内びんに銀メッキを施し、逃げようとする熱を反射させて放熱を防ぐ構造でした

 

さらに、ヒーターから発する熱を庫内全体に循環させる「熱風コンベクション」により、奥も手前も焼きムラを抑えて焼きあげます。

↑「断熱Wガラス」と「熱風コンベクション」でムラなく加熱

 

↑トーストの焼き上がり比較

 

また、上ヒーターには調理物の内部も外部も効果的に加熱する、「黒遠赤ヒーター」を新採用。従来品の遠赤ヒーターに比べて、遠赤外線量が約5%アップしました。この上部の黒遠赤ヒーターと下部の2本のヒーターを最適な場所に配置することで、広い庫内でもバランスよく加熱します。これらの機能により、トーストは熱を閉じ込めて水分の蒸発を防ぎ、表面はサクッとこんがり、中はしっとりとした食感に焼きあげるとのこと。

↑「黒遠赤ヒーター」の新採用で、遠赤外線量が約5%アップ

 

このほか、本機は素早く使えるオートメニュー機能を搭載。トーストは1~3枚、冷凍が選べ、それぞれに合った温度コントロールで焼きあげます。新搭載の「フライあたため」メニューでは、「常温」と「冷凍」が選択可能。マイコンによるヒーター制御により、フライ表面を焦がすことなく上手にあたため、中はほくほく、外はサクッと仕上げるとのこと。

↑オートメニューでフライも上手に温めます

 

先述の通り、ワイドな庫内も特徴。庫内の広さは幅約32.5㎝、奥行き約26cmと広く、直径約25cmの大きなピザも丸ごと、トーストも3枚まで同時に焼くことが可能です。扉を開くと焼アミがまっすぐ前にせり出す「取りやすいん棚」構造で、料理やトーストが取り出しやすいのも魅力。

↑ワイドな庫内とせり出す「取りやすいん棚」が便利

 

魔法瓶メーカーならではの発想で、よりスピーディにムラなく焼けるようになったオーブントースター<やきたて>。ぜひ注目してみてください。

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON