家電
調理家電
2019/6/19 18:30

まさにヘルシー製造機! 象印「おかゆメーカー」は「おかゆ以外」もバツグンだった

骨付きの鶏肉を使った「中華風玄米がゆ」に挑戦!

このおかゆメーカーには、白がゆだけでなく玄米がゆのモードもあるんです。これまで白がゆしか作ったことがなかったのですが、せっかくなので「玄米がゆ」も作ってみました。

 

付属のレシピブックを参照し、発芽玄米、骨付きの鶏肉を使った「中華風玄米がゆ」に挑戦。白がゆに比べると炊飯時間が長く、2時間弱かかるとのこと。これは少し時間に余裕があるときに試すと良さそうです。

↑玄米2分の1カップを使用。レシピには「鶏肉70gをぶつ切りにして熱湯にさらしてから米に載せる」とあったが、そこは臨機応変に。鶏肉は少し多めの分量で熱湯に通さないで入れた

 

玄米はふっくら、鶏肉はホロホロに仕上がった

玄米がゆモードでスタートすること2時間、完成したのがこちらです。

↑仕上げに塩を少し加え、白髪ねぎと千切りにしたしょうがをトッピング

 

玄米がふっくら仕上がっているのはもちろん、一緒に炊いた鶏肉がホロホロになっていて、これはかなり本格的! 家で玄米を扱うのは面倒くさそう…と敬遠していたのですが、これだけ簡単に玄米がゆができるなら、もっと頻繁に食べようという気になりますね。

 

豆腐とヨーグルトの仕上がりにも大満足

このおかゆメーカー、作れるのはおかゆだけじゃありません。実は、豆腐とヨーグルトも作れるんです。豆腐は約1時間10分、ヨーグルトは約5時間かかります。

↑大豆固形分10%以上の無調整豆乳300mlににがりを入れてスイッチを入れるだけで完成

 

↑牛乳500mlにプレーンヨーグルト50mlを加えてよく混ぜたら、「ヨーグルト」モードでスタートすればOK。ちなみに種にするヨーグルトは必ず開封したてを使うこと。開封して時間が経つと、菌が少なくなっている可能性があるそうです

 

特に、できたての豆腐のおいしさには驚かされました。大豆臭さが一切なく、とろんと滑らかなんです! できたての温かい豆腐に、いろんな薬味をかけて楽しめるのもうれしいですね。暑さで食欲が減るこれからの季節にもぴったりです。また、ヨーグルトは種にしたヨーグルトとほとんど変わらない仕上がり。毎朝食べる家庭なら、コスパ面でもオススメです。

 

おかゆメーカーは、おかゆ好きにも、食生活のバランスを整えたい人にもオススメな調理家電。身体に優しい食事を手軽に作りたいなら、これを使わない手はありません!

 

【ギャラリーはコチラ】

  1. 1
  2. 2
TAG
SHARE ON