家電
2015/6/22 8:00

羽根のない扇風機は多機能化の時代! ダイソンの最新機は空気清浄機付き!

 

PureCool_Gallery02

 

羽なし扇風機のパイオニアである、ダイソンのエアマルチプライアー。最新のDyson Pure Cool 空気清浄機能付ファンは、なんと、超高性能な空気清浄機能を備えた1台です。AM07タワーファンと同様の美しいトールデザインでありながら、本体下部にフィルターを搭載。これは、微細な塵までシャットアウトするHEPAフィルターを254回も折り畳んだ「360°グラスHEPAフィルター」というもの。これで全体を包むことにより、PM2.5よりもっと細かいPM0.1までも捕集するといいます。

 

PureCool_Gallery01

 

本機の空気清浄機能は30分で10畳の空気をきれいにするというもの。一般的な空気清浄機と比較するとやや劣りますが、送風機としても使えることや、微細じんまでキャッチする機能は特筆ものです。何よりデザイン性に優れているので、部屋に年中置いておけるのがメリットと言えるでしょう。

 

これぞテクノロジー企業、ダイソンの真骨頂!

D_010

「エアマルチプライアーテクノロジー」

周囲の空気を巻き込み、気流を増幅させ、途切れのないスムーズな風を生み出す技術がこの「エアマルチプライアーテクノロジー」。本体下部から取りこまれた空気は、上部に流れて1.5~1.8㎜のわずかな開口部を通って加速します(上の写真)。その際に生まれる低気圧が本体後方の空気を巻き込み、パワフルな気流を生み出すのです。

 

D_003

「360°グラスHEPAフィルター」

微細じんをしっかり捕集するHEPAフィルター(※0.3μmの粒子を99.97% 以上捕集するフィルターのこと)で本体の外周を覆い、ハウスダストなどをキャッチ。フィルターの長さは6.45mあり、蛇腹のように折り畳んでいます。高速風では微細じんをフィルターから押し出す恐れがありますが、同技術はパワーを調整することで、PM0.1まで捕集可能になりました。

 

ユーザーのニーズに合わせて製品が選べる!

PureCool_Gallery03

これで同社のエアマルチプライアーテクノロジーを搭載した製品はファン(AM06/07)、ファンヒーター(送風+ヒーター/AM09)、加湿器(送風+加湿/AM10)と、4つのラインナップになりました。送風機能だけでなく、ヒーター、加湿、そして空気清浄と、ユーザーのニーズに合わせて商品を選ぶことができるのがうれしいですね。

 

ダイソン

Dyson Pure Cool 空気清浄機能付ファン

実売価格7万円前後

●適用畳数:10畳●風量調整:10段階●タイマー機能:搭載(オフタイマー)●首振り機能:搭載●フィルター交換目安:約1年(1日12時間使用時)●サイズ/質量:W196×H1018×D196㎜/3.58㎏

TAG
SHARE ON