家電
掃除機
2019/7/17 20:00

見た目で判断してゴメン。「ハンディ・スティック掃除機」は「メイン機の苦手」を埋める必須アイテムだった!

パナソニックから今年3月に登場した「ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F」(実売価格1万7840円 以下ハンディ・スティック掃除機)。初めて見たとき、かなりコンパクトでデザインもとても掃除機には見えませんでした。やはり吸引力はイマイチちなんだろうか。バッテリーのモチも悪そう……。でも軽いしどこにでも置いておけそうだから、手軽に使えるかも……などと想像が膨らみ、とても気になる存在に。実際に使わせていただいたところ、予想以上に使いやすい! ということで、その使用感を以下でレビューしていきます!

↑ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F。写真のカラーはグラファイトグレー

 

とにかく軽い「ハンディ・スティック掃除機」の実力をチェック!

わが家では現在、いくつかのコードレス掃除機を使っていますが、なかでも使用頻度が高いのが、昨年の8月に発売されたパナソニックの「パワーコードレス MC-SBU820J」です。こちらは名前に”パワー”とつくだけあって、とにかく吸引力が強く、日常的な掃除はほとんどこれ1台でOK。ただメイン機並みの機能を備えているぶん重量感もあり、特に延長管を外してハンディクリーナーとして使った場合、棚の上や細かいスキマを掃除するには重くてコントロールしづらいと感じていました。

 

それに比べて、このハンディ・スティック掃除機の軽いこと! 本体重量は530gと500mlのペットボトルほどしかありません。そもそもハンディの状態で見ると掃除機には見えず、どちらかというと水筒を彷彿させます。さらに延伸管もノズルも非常に軽く、スティック状態で使っても重量はわずか750g。

↑本体のサイズは、幅55×奥行59×高さ314㎜とスリムサイズ。これに、延伸管とたてよこノズルを取り付ければ、スティック掃除機として使えます。狭い場所の掃除に便利な、極細すき間ノズルも付属

 

↑延伸管とたてよこノズルを取り付けた状態

 

↑たてよこノズルは左右それぞれ90度曲がるので、広範囲が掃除できます

 

見れば見るほど、触れば触るほど軽くてコンパクトなハンディ・スティック掃除機。パワーコードレスとどれほど違うのか、並べてみたところ……。そもそも存在感が全然違う(下写真)! 実際、重量はパナソニックの「パワーコードレス MC-SBU820J」(スティック時2.5kg)の3分の1以下です。

↑左がハンディ・スティック掃除機で、右がパワーコードレスMC-SBU820J

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON