家電
調理家電
2019/9/3 11:00

タイガーの「おかずが同時調理できる炊飯器」って実際どう? ズボラ人間が試したら「単純な2つの課題」が見えてきた

夏場は台所に立って料理をするのがとにかく面倒。暑いので火を使う料理は極力避けたいところです。ひとり暮らしの筆者は、週の半分自炊すればいいほうなのですが、仕事が忙しいときほど「できたてのおいしいごはんとおかずが食べたい!」と思うことがあります。そんなズボラでわがままな筆者の望みを叶えてくれそうなのが、タイガー魔法瓶の「IH炊飯ジャー〈炊きたて〉JKT-J102」。なんと、この炊飯器にはクッキングプレートが付属していて、ごはんとおかずが同時に作れるんです。ひとり暮らしだけでなく、2〜3人の世帯でも便利に使えるこの炊飯機、以下で使い勝手をご紹介していきましょう!

 

内なべとクッキングプレートで炊飯と調理が同時にできる

タイガーでは以前から同時調理ができる炊飯機「tacook」(タクック)を発売していました。この同時調理機能を搭載したモデルは発売当初、1〜2人暮らしの世帯向けに作られた3合炊きだけだったのですが、今回紹介する「IH炊飯ジャー〈炊きたて〉JKT-J102」は5.5合炊きとなっています。

↑JKT-J102は5.5合炊きで、サイズは約幅26.0×奥行き35.4×高さ21.1cm、重さは4.2kg。このほか1升炊きモデル(JKT-J182)もある

 

同時調理の場合、5.5合炊きは1〜2合の「白米」メニューのみの使用となっており、1〜2人分のごはんとおかずを作るのにぴったりです。内なべでごはん、クッキングプレートでおかずを作る仕様で、炊飯キーを押せばあとは完成を待つだけというシンプルな使い勝手となっています。

↑オレンジ色のクッキングプレート(右下)でおかずを作る。このプレートが内なべの上にセットできる仕組みだ

 

まずは普段どおりに内なべにお米と水を入れます。ちなみにこの内なべはタイガー独自の土鍋素材がコーティングされており、銅を挟み込んだ3層構造となっています。また、お米の甘みを引き出す130℃の「剛火(つよび)IH」に対応しており、炊飯機能にもこだわった一台といえます。

↑内なべの厚さは1.5mm。土鍋素材をコーティングすることで、蓄熱性が高くなり、ふっくらした炊き上がりになるとのこと

 

レシピブックの「スウェーデン風ミートボール」に挑戦

今回は付属のレシピブックを見ながら、「スウェーデン風ミートボール」を作ってみました。ひき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、塩コショウをしっかり混ぜ合わせ、直径3cm大に丸めて小麦粉をまぶし、クッキングプレートに並べます。あとは、生クリームとチキンスープの素、塩コショウを混ぜ合わせて、先ほどのミートボールにかければ準備はOK。

↑今回は玉ねぎの代わりに青ネギを使用。レシピブックにはこのように少し手の混んだメニューも出ている

 

今回は内なべに2合分のごはんを炊く準備をして、クッキングプレートを上に乗せたらフタをし、「白米」モードで「炊飯」ボタンを押します。

↑クッキングプレートは内なべの上に引っかかる。取っ手を左右に倒してからフタをしよう

 

↑ディズプレイが大きく、文字が見やすい。こうして見ると炊飯モードの種類は多い

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON