家電
炊飯器
2019/10/9 17:50

私、いま「ていねいな暮らし」をしてるッ…! シャープ「おひつ風炊飯器」がもたらす特別な喜び

みなさん、「ていねいな暮らし」への憧れってありませんか? 筆者は猛烈に憧れているのですが、「ていねい」とはほど遠い暮らし方をしていて、常に何とかしたいと願っています。日々の食事でいえば、パックのごはんではなく、炊きたてを食べたいところ。

 

おひつ風炊飯器は「ていねいなごはん問題」を解決するか?

土鍋で炊くのが一番おいしいだろうな、と思いつつも、つきっきりで火の番をする気にもなれないので、炊飯器のスイッチを入れ、炊きあがるまでにおかずを用意するスタイルが私には合っています。となると、いい炊飯器が欲しいのですが、ひとり暮らしでそこまで奮発するのもな……というのが本音です。

 

そんな「ていねいなごはん問題」に直面し続けている筆者がいま気になっているのが、シャープの「KS-WM10B」(実売価格3万3330円)という炊飯器。この炊飯器、3万円台と手ごろな価格のうえ、見た目も「おひつ」みたいでキュンとするんです。デザインが「ザ・家電」ではないところに、「ていねい」のニオイがぷんぷんする……とはいえ炊飯器ならごはんの仕上がりも重要。果たして、筆者のごはん問題は解決するのか? 実際に使ってチェックしてみました!

 

デザインはシンプルで「調理道具」のような印象

KS-WM10Bは、黒くてころんとしたおひつのような5.5合炊きの炊飯器です。一般的な炊飯器にありがちなごちゃごちゃしたボタンがなく、シンプルなデザインを好む人なら好感を持つはず。

↑外ぶたはフラットで余分な突起などはなし。外ぶたは水洗いできないものの、これならさっと拭きやすい。操作画面に指を触れると時間などが表示されるが、電源オフ時は何も表示されないので、スッキリしています

 

本体の質感は滑らかな手触りで、木のようなぬくもりを感じます。家電というよりは、「調理道具」のような印象です。そんなKS-WM10Bが一般的な炊飯器と異なるのが、ふたが完全に分離するスタイルである点です。外ぶたを外すと内ぶたが現れ、この内ぶたがうまみをしっかり閉じ込めてくれます。

 

二重ぶた構造はかまどにならって考えられており、実際のかまどの木ぶたは厚みと重みがあることから、KS-WM10Bの内ぶたも適度な重みのものを使用しているそうです。

↑内ぶたの重さは510g。蒸気を上手くコントロールしながら熱を閉じ込めてお米を炊き上げる

 

↑内釜は厚さ3mmで5層構造になった「極熱厚まる対流釜」を採用。底を丸くすることで大きな対流を生み出し、お米の炊きムラを防ぐ

 

リングキーをなぞって操作する独自スタイル

最近の炊飯器は多機能なものが増えていますが、KS-WM10Bの炊飯コースは「白米」「おいそぎ」の2種類のみ。予約炊飯はできますが、「おかゆ」や「玄米」などのコースはありません。

 

今回は実際にお米を3合炊いてみました。普段どおりお米を洗って浸水させ、分量の水を入れたらあとは炊飯をスタートするだけです。

↑筆者の家では無洗米を使っているので、少し多めに水を入れた。普段は「無洗米モード」で炊飯しているので、やや心配ではある

 

↑本体の●印に合わせて内ぶたをして、その上に外ぶたを置く

 

炊飯時の操作でユニークなのが、リングキーをなぞって炊飯コースを選ぶところです。初めて使う際は少し戸惑うかもしれませんが、この操作方法を採用することで無駄なボタンを排除しているのでしょう。

↑リングキーをなぞって炊飯コースを選ぶ。選び終えたら「炊飯」を押す

 

↑炊飯中は残り時間が表示される。最初から時間が表示されるのは意外と珍しい

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON