家電
掃除機
2020/1/23 19:30

あれ、意外にちゃんとしてる…!? Amazonのセールで買った「中華ロボット掃除機」が掘り出し物だった

毎年話題になるAmazonの年末大セール「Amazonサイバーマンデー」。2019年は12月6日から9日までの4日間に開催されました。筆者も、自分が欲しい商品がセールの対象になっていないかと、血走った眼でパソコンの画面を眺めていたものです。そんな折、GetNavi web編集部から「サイバーマンデーで、有名ではないメーカーの安い白物家電を買ってレビューしてくれない?」とのおかしな依頼が舞い込んできました。こっちは自分の物欲を満たすので忙しいのよ! …と思いつつも、ちょっと面白そうなのでその企画に乗っかってみました。

 

Amazonサイバーマンデーで、聞き慣れない中国メーカーのロボット掃除機を購入

で、目についたのが、アイライフというメーカーのロボット掃除機「ILIFE V8e」。同社は中国広東省深圳市に本拠を置く、ロボット掃除機の研究開発・製造に特化したメーカー。2010年創業、2012年に初のオリジナルロボット掃除機を発売し、2017年にはアイライフジャパンを北海道札幌市に設立。日本にもカスタマーセンターを設置していると同社のホームページには書いてあります。

↑アマゾンの販売サイト(価格は2020年1月現在のもの)

 

筆者は小さな事務所を構えていますが、毎週毎週掃除するが面倒で仕方ない。なのでロボット掃除機が欲しいと思っていたのですが、それほど広くない事務所に何万円もする掃除機はいかがなものか…(業績も芳しくないし…)と躊躇していたところです。で、目についたV8eは通常価格2万1900円(税込)のところ、サイバーマンデーでは1万5330円(税込)に値下がりしていました! これはお手ごろ! アマゾン評価も当時4.2と高め(しかも、サクラレビューを見抜くツール「サクラチェッカー」でも危険度は10%)だったので思い切ってポチってみました。

 

日本語の取説の付属、問い合わせ先の明記に安心感

以前のサイバーマンデー時には、物流が混乱して注文から配達までに2週間以上も要したことがありましたが、今回はそんなことはなく、金曜日に注文したら翌々日の日曜日には配達できるとのこと。月曜日に事務所着で指定をしたら、問題なく配達されました。

 

さて、到着したV8eを開梱してまず感心したのが、この価格で予備の回転サイドブラシ、予備フィルター、リモコンおよびバーチャルウォールの乾電池が同梱されていたこと。さらに、元は中国メーカーなのに日本語のみで書かれた24ページの取扱説明書が入っており、保証書も同封されていたことです。Amazonのサイトによると、保証期間は12か月とのこと。

↑乾電池、予備のフィルターと回転ブラシ、日本語の取扱説明書と、必要なものがすべて同梱されています

 

↑取扱説明書は日本語のみで書かれた24ページの冊子

 

海外製の電気製品の場合、数か国の言語がまとめて書かれた簡易的な取説が同梱されているか、ユーザーがホームページから取説をダウンロードするか、または、日本語になっていない不思議な日本語の簡易取説がついているか……そのいずれかのパターンなのですが、アイライフの場合、きちんとした日本語の取説の同梱だけでなく、製品本体の裏にも大きくカスタマーサービスの電話番号が貼り付けられており、安心感があります。

↑製品本体の裏に大きくカスタマーセンターの電話番号が貼ってあるのが安心

 

↑回転サイドブラシは左右で回転方向・ブラシの角度が異なるため、色分けとLRの表記があります

 

↑ダストボックスの排気口は、一次フィルター/スポンジ/高効率フィルターの3段階で汚れた空気を清浄します。高効率フィルター(白)の予備が1枚付属しており、取説には2か月ごとに交換と書いてありました

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON