家電
2020/7/20 18:55

これ1台でラジオもライトもスマホの充電もOK――大容量バッテリー搭載の災害用ポータブルラジオ「MIGHTY」

台風や大雨、地震など、自然災害の多い日本では、日ごろの備えが重要だとされています。もしものときの備えとして、非常食や防災用品などをまとめていつでも持ち出せるようにしておきましょう。1台で様々な用途に使用できる多機能な製品なら、荷物を減らすことができます。

 

SYRIDEが2020年6月に発売した防災用ポータブルラジオ「MIGHTY SY-003P」は、パナソニック製の大容量リチウム電池を搭載した最上位モデル。AM/FMラジオ(ワイドFM対応)と、懐中電灯として使えるLEDライトを搭載し、新たに6400mAhの内蔵バッテリしたことで、緊急時のバッテリ切れを防いで長時間使用できます。

↑防災用ポータブルラジオ「MIGHTY SY-003P」(実売価格7980円)

 

↑懐中電灯として使えるLEDライトを搭載

 

また、USB給電機能を備えており、USBケーブルをつなげばスマートフォンを充電することも可能。最新のスマホでも約2回分の充電が可能です。

↑スマホの充電も可能

 

搭載している液晶画面はボタン操作でバックライトのオン/オフが切り替え可能。ラジオ聴取用のイヤホン端子も備えており、夜間などでも周囲に気兼ねせずに使用できます。

 

充電方法は、コンセントにつないで充電できるほか、手回し充電と内蔵するソーラーパネルでの充電に対応。単四乾電池3本で使用することもできる4way仕様となっています。

↑手回し充電やソーラー充電にも対応

 

本体はIPX3相当の防沫性能を備えており、ちょっとした小雨や水しぶきにも耐えられます。万が一の際に大音量サイレンとLEDライトの点滅で知らせるSOSボタンも搭載。

↑IPX3相当の防沫性能で水濡れにも安心

 

被災時に活躍してくれる多機能ポータブルラジオを手元に1台用意しておけば、もしものときのにも安心して行動できそうですね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

 

【この記事を読んだ方はこちらもオススメ】

災害時の「避難するとき、したあと」が考え抜かれた「非常用持ち出し袋」3選

ランタンが数秒で懐中電灯に早変わり!? 非常時にも役立つ「2WAYハンドライト」

TAG
SHARE ON