雑貨・日用品
2019/12/10 20:50

ランタンが数秒で懐中電灯に早変わり!? 非常時にも役立つ「2WAYハンドライト」

身の回りの生活用品から食品まで、何から何まで取り揃えている100円ショップ。しかし商品が豊富にありすぎるあまり、見落としているモノも多いかも。本稿では、値段以上の働きをしてくれる便利なグッズをレビューして大紹介していきます!

 

【関連記事】
ごちゃごちゃしたケーブル隠します! ダイソーの「ケーブルボックス」で簡単収納

 

●「2WAYハンドライト」(セリア)

台風や地震など、いつくるかわからない災害。そんな非常時に備えて、様々な防災グッズが売られていますよね。いざという時のために対策しておきたい人も多いのではないでしょうか? そこで今回紹介するのは、セリアで販売している「2WAYハンドライト」。単3乾電池2本で使える懐中電灯です。ランタンとしても使用できる同商品。どのような使い心地かレビューしていきましょう。

 

本体は、懐中電灯の先端がランタンになっていてちょっと変わった見た目。大きさは205(縦)×39mmφ(直径)ほどで、細身のボディです。重さも軽くて非常用の持ち出しバッグに入れても荷物になりません。先端のランタンは引っかけられる作りになっており、壁フックにかければ設置型ライトにできます。またランタン部分を取り外すと、普通の懐中電灯として使えますよ。

 

 

それではさっそく電池を入れて、ハンドライトのスイッチオン。ボタンをワンプッシュするだけで、手軽にオンオフを切り替えられます。電池2本でもLEDの明かりは強力。パッと室内が明るくなりました。連続点灯時間は約5時間とたっぷりあるため、非常時の明かりとして十分活躍してくれそう。いざという時のために用意しておけば心強いですね。

 

 

 

続いてランタン部分を取り外し。少し力を入れるだけですぽっと外れるので、手軽に懐中電灯に変えることができました。細いボディは持ちやすさ抜群。暗闇でうっかり落とさずに済みそうです。非常時に長時間片手で持つことを想定しても、うってつけの作りと言えるのではないでしょうか。

 

ただし同商品は非防水仕様。非常時はもちろんアウトドアの際も、水回りで使う時は気をつけてくださいね。

 

実際に購入した人からは、「キャンプ用のランタンとして買ったけど、懐中電灯にもなって優秀」「思っていたより明るくて良かった!」「ランタンと懐中電灯、切り替えが楽で便利」「電池2本で長時間使えて満足です」など好評の声が多数。

 

用途に合わせて手軽に“ライト”と“ランタン”の使い分けができる「2WAYハンドライト」。2倍便利な同商品を、非常時の備えとして購入してみませんか?

 

【ギャラリー】

 

【関連記事】
スマホがゲーム機に大変身!? ダイソーの「スマートフォン用ジョイスティック」で快適ゲームライフ

TAG
SHARE ON