家電
調理家電
2015/7/23 8:48

コールドプレスもフローズンデザートも! 最強のスロージューサーはコレだ

 

栄養価が高いジュースが作れるスロージューサーが、健康志向の強い層に受けて爆売れしています。スロージューサーは、低速回転のスクリューで食材を押し潰すことで、摩擦熱や酸化の影響を抑え、搾り汁の栄養の損失を防ぐのが特徴。

 

そんな低速ジューサーで、販売数が計画比約2倍と躍進しているのがパナソニックMJ-L500。本機は水分を搾り切る性能が高く、濃厚な味が楽しめるうえ、フローズンデザートまで作ることができます。

 

濃厚な風味&フローズン対応がヒットを生んだ!

150713_3_08076_02

パナソニック
ビタミンサーバー MJ-L500
実売価格2万8660円

低速圧縮絞り方式を採用したジューサー。底部をステンレス化した「ステンレスパーツ 一体スクリュー」の採用で、硬い食材でも最後まで水分を搾り切ることができます。付属の「フローズンアタッチメント」でフローズンスイーツを作ることも可能。

↑開発の要となった「ステンレスパーツ 一体スクリュー」。周囲のパーツが削れるなどの課題をクリアしながら、試行錯誤の末に完成したそうです
↑開発の要となった「ステンレスパーツ 一体スクリュー」。周囲のパーツが削れるなどの課題をクリアしながら、試行錯誤の末に完成したそうです
↑フローズンアタッチメントの付属も人気の一因。適度な粒感があり、食材本来の甘みが感じられるフローズンスイーツが楽しめます
↑フローズンアタッチメントの付属も人気の一因。適度な粒感があり、食材本来の甘みが感じられるフローズンスイーツが楽しめます

 

ビタミンサーバー MJ-L500の3つのスゴさ

 

スゴさ1つ目 売上計画比約2倍!

同社の低速ジューサーはMJ-L500が初めて。より多くのジュースを搾ることを追求し、一から開発を行ったところ、力強い風味が受けて計画の約2倍の販売台数を達成しました。

 

スゴさ2つ目 ビタミンC 約10%アップ!

低速圧縮絞り方式の採用で、搾り汁の酸化を抑制。オレンジとにんじんを搾った際は、同社の従来機に比べてビタミンCが約10%アップ。健康意識が高い層の注目を集めています。

 

スゴさ3つ目 鉄分約3.3倍!

葉菜類や豆類などの硬い食材も最後まで搾り切ることができ、栄養素が豊富なのも人気の理由。小松菜とパセリを搾った際の鉄分は、同社の高速ジューサーに比べて約3.3倍に。

 

 

実は、パナソニックが低速ジューサーを発売するのは今回が初めて。開発を担当した石毛伸吾さんは当時のことをこう語っています。

 

「できる限り搾り率を高め、カスの混入を防ぐ。これを両立させるため、スクリューまわりの調整に苦労しました。例えば、柔らかい食材でちょうど良くても、硬い食材では本体に負荷がかかり、容器が割れるなどの問題が発生したことも。数ミリ単位の調整を重ねた結果、桃などの柔らかい食材から硬い葉菜類まで、幅広い食材のより多くの水分を搾り出すことに成功しました。この点は、多くの方から高い評価を頂いています」

 

 

150713_3_08076_01

パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500

SPEC
●定格消費電力:150W
●定格時間:15分
●回転数:45回転/分(定格負荷時)
●ジュースカップ容量:400ml
●コード長:1.0m
●サイズ/質量:約W185×H432×D176㎜/約4. 0kg(質量はジュースアタッチメント使用時)

 

 

TAG
SHARE ON