家電
2020/12/17 10:50

人気の「円柱タイプ空気清浄機」がオトナっぽく進化! Blueairの新作はシックな装いに

スウェーデン発の空気清浄機「Blueair(ブルーエア)」の日本総代理店、セールス・オンデマンドは 、 シンプル&カジュアルなBlueシリーズのラインナップを拡充。リビングに最適な新サイズの「Blue 3410」(適用床面積~35畳)と、コンパクトな「Blue 3210」(適用床面積~15畳)を2021年1月14日(木)より発売します。オンラインストア価格はBlue 3410が税抜3万5000円、Blue 3210が同2万2000円。

↑左が適用床面積~15畳のBlue 3210で、サイズはW200×D200×H425mm。右が適用床面積~35畳のBlue 3410で、サイズはW260×D260×H520mm

 

円柱形のBlueシリーズで初めてセンサーを搭載

今回発売するBlue 3410とBlue 3210は、円柱形のコンパクトボディで幅広く支持されているという「Blue Pure 411」がベース。ブルーエアの基幹技術「HEPASilentテクノロジー」をはじめ、「オートモード機能」「 空気環境ステータスランプ」などを新たに搭載しました。

 

「HEPASilentテクノロジー」は、粒子イオン化技術と高性能フィルタレーションシステムを組み合わせたBlueair独自の基幹技術で、花粉やPM2.5、ハウスダスト、ウイルスや菌など0.1μmまでの微粒子を99.97%除去します。

↑本体下部360度全方向からパワフルに空気を吸引し、ファンが空気を効率的に引き上げ、天面から部屋全体にきれいな空気を供給します

 

またBlueシリーズで初めてセンサーを搭載したことにより、部屋の空気状態に合わせて自動的に運転スピードを調整する「オートモード機能」と、空気環境を3色のLEDランプで知らせる「空気環境ステータスランプ」も搭載しています。

 

洗い替えできるファブリック製のプレフィルターは、素材とカラーラインナップを一新。北欧の自然をイメージしたシックな5色を用意しています。さらに本体はマットな質感に仕上げ、LDKなど暮らしのメインスペースでも高いインテリア性を発揮するとのこと。

 

寒さで換気しづらい冬こそ空気清浄機を使いたいもの。コンパクトな円柱形で設置しやすく、シックでデザイン性の高い本機を検討してみてはいかがでしょうか。

↑カラバリは左からArctic Trail(本体 同梱カラー)、Night Waves(別売)、Archipelago Sand(別売)、Winter Reed(別売)、Aurora Light(別売)