家電
美容家電
2021/3/11 20:30

3万円でも水道代で元が取れる!? 高級シャワーヘッドの「ウルトラファインバブル」に大満足

シルキーバスが簡単に楽しめる

さらに「ReFa FINE BUBBLE S」の使い方として面白いのが、ストレートモードでお湯を出したシャワーヘッドを湯船に入れるシルキーバスです。すぐに湯船がウルトラファインバブルとマイクロバブルで満たされ、白濁していきます。泡で満たされているとはいえ、微細なので肌に刺激などはほとんどなく、柔らかい肌触りでした。

↑ウルトラファインバブルで満たされた湯船。優しい湯あたりで非常に気持が良い。ただし、ジャグジーのような循環型ではないので湯船のお湯が増えてしまうことに注意が必要だ

 

さらにテストを1つ。腕に油性マジックで2本の線を引き、そこにミストをあてて軽くこすってみました。すると、力を入れていないのに一瞬でマジックの線を消すことができました。石鹸などを使うことなく、キレイに落ちたのが驚きでした。

↑シャワーを掛けながら軽くこするだけで、マジックで書いた線が簡単に消えた!

 

繊維の奥にはいりこむからマスクの洗浄にも最適

さらに「ReFa FINE BUBBLE S」のウルトラファインバブルは、洗濯にも活用できます。販売元のMTGによると一週間毎日、「ReFa FINE BUBBLE S」で洗い続けたマスクに残った菌の数は、普通のマスクの約1/8だったとのこと。微細な気泡がマスクの繊維の奥に入り込んで雑菌などを洗い流し、よりキレイな状態にできるそうです。

 

ウルトラファインバブルが洗濯に役立つのは、東芝の洗濯機で採用されていることでもわかります。例えば東芝のZABOONでは「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」機能を搭載。生成方法などは異なりますが、微細なウルトラファインバブルで繊維の奥の汚れを洗い流すことができます。

↑ウルトラファインバブルが肌から汚れを取るメカニズム。微細な気泡が汚れを浮かせて剥がしてくれる

 

洗濯機のレベルとは異なりますが、シャワーヘッドを交換するだけでマスクなどを効果的に除菌できるのはうれしいですね。短期間ではありますが、「ReFa FINE BUBBLE S」を使用してみて満足でした。4つの水流が選べるシャワーは非常に気持ちよく、湯船をウルトラファインバブルで満たしたシルキーバスは子どもたちも大喜び。

 

ミストモードで使うとお湯の温度がやや下がったように感じますが、シャワーヘッドを肌に近づけたり、温度を1、2℃上げたりすることで対応できました。

 

総じて「ReFa FINE BUBBLE S」には大満足でしたが、問題はお値段です。多機能とはいえ、シャワーヘッドで3万円だと価格のハードルが高いのは事実。ただし、我が家では娘たちが「ReFa FINE BUBBLE S」の水流をかなり気に入り、お風呂に入るのを楽しみにしている状態で、使えなくなるのは惜しいと感じているのも事実です。

 

その点、「ReFa FINE BUBBLE S」には月500円・60回払の分割プランが用意されており、さらに「ReFa FINE BUBBLE S」には最大約67%の節水効果があるとのこと。メーカーによる試算によると月2100円の水道代削減が期待できるというので、その差額で手軽に導入できそうな気がしています。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

  1. 1
  2. 2
TAG
SHARE ON