家電
掃除機
2021/6/15 14:52

日立、ごみが見えやすい緑色LEDと髪の毛が絡まりにくいヘッド搭載の掃除機を発売

↑パワかるサイクロン(CV-SP900J)

 

日立グローバルライフソリューションズは、サイクロン式掃除機「パワかるサイクロン(CV-SP900J)」「パワかるサイクロン(CV-SP300J)」および紙パック式掃除機「かるパック(CV-KP900J)」「CV-KP300J」を発売します。発売はサイクロン式掃除機が7月17日で、紙パック式掃除機が6月19日です。税込みの市場想定価格はそれぞれ、パワかるサイクロン(CV-SP900J)が8万2000円前後、パワかるサイクロン(CV-SP300J)が6万6000円前後、かるパック(CV-KP900J)が6万円前後、CV-KP300Jが4万9000円前後となっています。

 

パワかるサイクロンは、小型モーターによる強力な吸引力と本体重量約2.5kgの軽さによる取り回しの良さを備えたサイクロン式掃除機。モーターには、流体解析技術を駆使した高効率設計を採用することで、小型でも吸込仕事率300Wを実現しています。

 

また、ヘッド部分には新設計のレンズを採用した緑色のLEDライトを搭載。掃除中にLEDライトでフロアを照射することで、暗い場所はもちろん、明るい場所でもごみが見えやすくなるとしています。

 

ブラシは毛先をループ状にすることで髪の毛などが絡まりにくい「からまんブラシ」を採用。ループ状のブラシを掃除機に採用するのは日立としては初めての試みとしています。

 

本体サイズは長さ300×幅225×高さ287mmで、集じん容積は0.25Lとなっています。なお、上位モデルCV-SP900Jと、下の写真の下位モデルCV-SP300Jではごみの捕集率(CV-SP900Jは99.999%で、CV-SP300Jは99%)が若干違うほか、CV-SP900Jの方が付属品が多いです。

↑パワかるサイクロン(CV-SP300J)

 

一方の、紙パック式掃除機のかるパックにもヘッド部分の緑色LEDや、からまんブラシを採用。また、高性能な小型ファンモーターを搭載しており、吸引仕事率は340Wを実現しているうえ、本体重量約2.3kgと取り回しがラクなボディに仕上がっています。本体サイズは長さ339×幅207×高さ203mmで、集じん容積は1.3Lです。

↑かるパック(CV-KP900J)

 

下位モデルのCV-KP300Jは、ヘッド部分に緑色LEDではなく白色LEDを採用。このほか、吸込仕事率は650W、集じん容積は1.5Lを実現しています。本体サイズは長さ288×幅256×高さ214mm、本体重量は約3.3kgです。

↑CV-KP300J
TAG
SHARE ON