家電
エアコン
2015/10/10 9:41

足元から暖めて乾燥知らず。ものづくりのこだわりが詰まった「新うるさら7」登場

発売に向け『新うるさら7(Rシリーズ)』特設サイトがオープン!

gnw150925_03_04

業界で唯一、温度と湿度を同時にコントロールできる人気商品「うるさら7」。ダイキン株式会社は、その新シリーズとして『新うるさら7(Rシリーズ)』を2015年11月1日より順次発売することを発表しました。

 

発売に向け、新製品の「新うるさら7」が滋賀製作所で生産されている様子を特設サイトで公開中です。

 

動画には、ダイキン社員が新製品を1台ずつ 丁寧に作り上げていく姿が映し出され、ものづくりにかける意気込みを伝えています。

 

普段あまり見ることのないエアコンの製作現場ですが、機械ではなくほとんど手作業で組み立てられていることが分かります。専門エンジニア1人ひとりが、真剣な顔つきでエアコンづくりに取り組む姿が印象的。

 

「垂直気流」で、体に直接温風を当てず足元から暖かい

gnw150925_03_02

そんな「新うるさら7」の一番のトピックは、新搭載された「垂直気流」。大角度110度のフラップが壁と床に沿った気流を生み出し、足元からじんわり部屋を暖めます。体に直接風が当たりにくい環境を作り、乾燥をさらに低減。
ダイキン独自の、屋外の水分を取り込んで加湿ができる「無給水加湿(うるる加湿)」と合わせて「暖かさ」と「ほどよい湿度」を両立します。

 

内閣総理大臣賞を受賞した「うるさら7」

gnw150925_03_03

日本のものづくり技術を結集した「うるさら7 Rシリーズ」。現在の「うるさら7」は、2012年よりダイキン工業のルームエアコン『うるるとさらら』の愛称として使われているもの。給水なしで加湿ができる世界初の「うるる加湿」機能と、室温を下げずに除湿ができる「さらら除湿」機能を搭載したルームエアコンです。

 

業界トップの省エネ性と高い環境性を実現し、2013年9月には経済産業省が主催する「第5回ものづくり日本大賞」(製品・技術開発部門)において、最高賞の「内閣総理大臣賞」を受賞するなど、多方面で高い評価を受けています。

 

今回3年ぶりにフルモデルチェンジし、革新的な暖房運転を実現した「新うるさら7」。今年の冬、部屋のエアコンを買い替え予定の方はぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

 

【関連リンク】 新うるさら7 webサイト

TAG
SHARE ON