ライフスタイル
2018/7/12 16:00

【2018上半期】プロが解説! 売れたモノ・バズったものランキング30位~21位

いま、勢いよく売れてるモノだけを厳選! 家電、オーディオ、デジタル機器から、クルマ、ゲーム、文房具、食品までオールジャンルで「ヒットの背景」をおさらいしつつ、プロが改めて「オススメのポイント」を解説。売れてるモノには、ちゃ~んと理由があるんです!!  本稿では編集部独自の2018年のヒットランキングを作成。今回は調理家電からゲーム、グルメ、クルマなど幅広いジャンルからランクインした30位~21位を発表します!

 

【30位】

AIoT対応でさらに使いやすくなった自動無水調理鍋「ヘルシオ ホットクック」

焦げ付きやすい無水調理がお任せでできる自動調理鍋、ヘルシオ ホットクック。AIoT対応でより使いやすくなり、売り上げも伸びている。ちなみに同機のネット接続率はなんと約5割だ!!

シャープ

ヘルシオ ホットクック KN-HW24C

実売価格6万6610円

無水調理が自動でできる電気鍋。独自の撹拌機能で料理を焦げ付きなく仕上げ、味のなじみも良い。AIoTに対応し、AIが好みや生活スタイルに合った献立を提案。クラウドからの新メニュー取得も可能だ。 SPEC●定格容量:2.4ℓ●消費電力:800 W●メニュー集掲載メニュー数:155(自動メニュー130/手動メニュー25)●コード長:約1.8m●サイズ/質量:W395×H249×D305㎜/約6.5㎏

↑豚の角煮を作ると箸が肉にすっと入り、繊維が簡単にほぐれる。脂身部分もぷるぷるの食感に仕上がり、まさにプロの味だ

 

【ヘルシオ ホットクック ヒットのツボ】

操作性の改善で出荷台数が5割増しに

調理メニューを番号入力からメニュー名表示に変更し、圧倒的に使いやすくなったのがポイント。新モデル発売前と比べ、容量2.4ℓタイプの出荷台数は5割以上伸びている。

 

基本性能が優秀なうえ 人工知能が調理をサポート  

近年、自動で圧力調理や低温調理ができる電気鍋が人気。なかでもヘルシオ ホットクックは、素材のうまみをより濃く出すことができる無水調理機能がユーザーに大いにウケている。最新モデルでは、AIoTに対応し「調理家電の最先端に到達しました!」と、家電コーディネーターの戸井田園子さんは語る。

 

「鍋が使い手のプロフィールや好みを反映した献立提案をするというのは、いままでになかったアプローチです。会話形式で音声ガイドしてくれるのも便利で楽しい!もちろんこの製品は、基本性能も優秀。自動で撹拌する羽根を装備し、ほったらかしでも料理が焦げ付きなくできます。帰宅時間に合わせて料理が完成する予約機能も単身・共働き世帯には重宝しますよ」

 

【29位】

生き残りをかけて100人で争え!「バトルロイヤル ゲーム」

徐々に狭まっていくフィールドで、約100人が最後の1人になるまで生き残りを賭けて戦うサバイバルゲーム。最近のゲーム界でもっとも勢いのあるジャンルだ。

PUBG

PUBG Mobile

基本プレイ無料

PC版が2017年にリリースされたバトルロイヤルゲームの先駆者であり代表格。最大100人のプレイヤーが参加し、戦闘フィールドで多彩な武器や車両を入手して戦っていく。モバイル版もルールやマップはほぼ同様だ。

↑パラシュートで降り、武器やアイテムを集める。市街地か森か、落下地点も戦略のひとつ

 

↑基本は三人称視点のシューティングだが、より臨場感のある一人称視点に切り替え可能

 

↑1位になると表示されるメッセージ「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」。この“ドン勝”は流行語に

 

【バトルロイヤル ゲーム ヒットのツボ】

実況動画の影響でプレイヤー増加中

最後まで残って勝利したときの快感がたまらないという人続出。人気の「PUBG」がスマホ化され、参加のハードルも下がった。実況映えするため、プレイ動画が人気の呼び水に。

 

モバイル版の登場で世界的なブームが過熱

PCでヒットしていたバトルロイヤルゲーム「PUBG」のスマホ版が日本では5月に配信開始。中国を除いた全世界合計で早くも1000万人のアクティブユーザーを獲得する熱狂ぶりだ。「ゲーム実況から火が点き、アプリのランキングでは同ジャンルの『荒野行動』も常に上位にいます。高い緊張感と自由度・戦略性の高さでゲーマーを夢中にする注目の新興ジャンルです」(ゲーム系ライター柚木安津さん)

 

PUBGと覇権を争う2タイトルはコチラ!

Netease

荒野行動

基本プレイ無料

「PUBG」より先行してモバイル版がリリースされた100人対戦バトルロイヤルゲーム。世界2億DLを突破している。

 

Epic Games

フォートナイト

基本プレイ無料

2017年7月にバトルロイヤルモードが実装。集めた素材で建造物を作り、攻防に役立てるクラフト要素がユニークだ。

©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED. ©2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.  ©1997-2018 NetEase, Inc.All Rights Reserved ©2018, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 4 and UE4 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.

 

【28位】

ついに世界に受け入れられた最新作!「モンスターハンター:ワールド」

1月26日に世界同日発売され、2018年上半期では最大級のヒットとなったシリーズ最新作。モンスターの追加など継続的な無料アップデートも行われており、今後もどこまでセールスを伸ばすか注目だ。

カプコン

モンスターハンター:ワールド

9698円

据置機向けとしては9年ぶりとなるシリーズ最新作。調査団のハンターとして「古龍渡り」の現象を解明するため、新大陸を調査していく。今作のメインモンスターは「ネルギガンテ」(上写真)だ。

↑5月31日に追加モンスター第3弾「ナナ・テスカトリ」が登場。青い炎をまとうシリーズおなじみの古龍だ

 

↑期間限定で登場している光り輝く古龍「マム・タロト」。集会エリアメンバー全員で協力しながら狩りが楽しめる

 

【モンスターハンター:ワールド ヒットのツボ】

据置機ならではのリッチな描写が◎

エリア切り替えのないシームレスなフィールド、モンスター同士の争いも発生する作り込まれた生態系など、リッチなゲーム体験が評価された。据置機のスペックを生かした形だ。

 

海外でもファンを増やし 史上最大のヒット作に!  

発売3日で500万本、その後も売り上げを伸ばし、全世界出荷800万本と、カプコン史上最高記録を叩き出したシリーズ最新作。

 

「フィールド内をシームレス化し、狩りのリアリティを高めた挑戦が海外でもウケました。悲願だった世界的ビッグタイトルへの仲間入りを果たしました」(ゲーム系ライター柚木安津さん)

 

発売後も継続的にアップデートされ、コンテンツとして進化をし続けているのも人気の理由だ。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON