ライフスタイル
2019/3/31 21:30

「泊まれる茶室ホテル」は、訪日外国人だけでなく日本人でも非日常を堪能できそうな空間

「泊まれる茶室」がテーマの禅×ミニマリズムホテル「ホテル・ゼン・トーキョー(hotel zen tokyo)」を2019年3月22日にオープンしました。

 

hotel zen tokyoは、従来のカプセルホテルを新しくした、世界初の「禅×ミニマリズム」ホテル。「泊まれる茶室」をコンセプトとする当ホテルの各客室は千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作「待庵」を建築家が21世紀型に再解釈した和モダンな空間になっています。

 

ミニマルな空間であることを逆手にとり、広々としたバー・ラウンジや仕事ができるワーク・ラウンジ、高級感あふれるレインシャワーなど、300平方メートル以上ある充実した共用施設を準備。女性も安心して泊まれるよう女性専用フロアも用意しています。

 

【POINT01】立てるほどの天井の高さで女性専用フロアも提供

 

【POINT02】アメニティセット・ドライヤー・ヘアアイロンも完備

↑。スーツケースが入るロッカーやカプセル内金庫があるため荷物も安心です

 

【POINT03】高級感溢れるレインシャワーを完備

↑共用施設にはシャワーエリアもあります。もちろん男女別

 

【POINT04】夜は地下のバー・ラウンジで一息

↑日本産のリキュールやワインを堪能できます

【POINT05】人形町徒歩1分、水天宮前徒歩5分の絶好のロケーション

 

昨今、カプセルホテル型のユニークな宿泊施設が続々と出て来ていますが、本施設のオリジナリティは随一。「禅」と謳うところは、訪日旅行客を強く意識しているような印象を受けますが、日本人でも十分に堪能でき、くつろげそうな空間。プライベートな旅行はもちろん、ビジネス出張でも話の話題として体験してみてはいかがでしょうか。

 

【施設概要】

所在地:東京都中央区日本橋人形町1-5-8
アクセス:人形町駅 徒歩1分、水天宮前駅 徒歩5分
ベッド数:78
値段:6000円〜(現在OPENセール割引開催中)
開業日:2019年3月22日

ホテル公式サイト:https://www.hotelzen.jp/

TAG
SHARE ON