ライフスタイル
2019/9/4 18:00

【5位~1位】令和のネクストヒット“本命度”ランキング 後編

平成から令和に変わり、新しい時代の幕開けを感じている方も多いでしょう。GetNaviでは、近い将来に“クル”こと必至の「ネクストヒット」候補たちを識者からの情報や社会情勢などを基に、キーワードや製品、サービスを抽出して「本命度」でランキングしました。今回は、前編に引き続き5位から1位までを一挙に紹介します。

→10位~6位はコチラ

 

第5位 「アーバンスポーツ」

若者に人気の高いスケートボードやBMXなどが、東京2020の正式種目に採用されたことで注目度急上昇。都内に専用のスポーツパークがオープンしたり、広島で世界最大規模の大会が行われたり、競技人口も拡大中です。

(GetNavi編集部 スポーツ担当/野田浩樹)

 

トリックの難易度や高さ、スピードを競って楽しむ

スケートボード

東京2020の競技に新採用された、アーバンスポーツの定番。トリック(ジャンプ、空中動作、回転などの技)を行い、その技の難易度や高さ、スピードなどを評価する採点競技となります。

 

アクロバティックな技を見ているだけで興奮!

BMX

パーク内に設置されたジャンプ台などを使い、自転車に乗って繰り出すトリックの難易度を競うBMXフリースタイル・パークが東京2020の新競技に。見るだけでも楽しめます。

 

MCや音楽でもゲームを盛り上げる!

3×3 バスケットボール

ハーフコートで1つのゴールを使用し、3対3でゲームを行います。スピーディな展開に加えて、試合を盛り上げるMCや音楽などエンタメ要素が強いのも特徴。東京2020で新競技に。

 

ヒット指数:75%

「競技」として認知されチャラい印象を払拭!

「少しチャラい印象が拭えなかったアーバンスポーツですが、五輪競技に採用されたことで市民権を得た感も。競技会場となる有明アーバンスポーツパークは“聖地”となるでしょう」(野田)

 

第4位 「プレミアムRTDコーヒー」

キャップを空けてすぐ飲める「RTD(ready to drink)」といえば酒のイメージですが、コーヒーでも流行の兆しあり。オフィスや街なかで飲むというより、自宅でまったりと楽しみたいプレミアム製品が人気を集めそうです。

(フードライター/中山秀明さん)

サントリー

プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション

各321円(750ml)

世界最高レベルのコーヒーを追求する“コーヒーハンター”José(ホセ)川島良彰氏との共同開発商品。自宅で、手間をかけずに至福のおいしさを楽しめます。

 

ヒット指数:80%

アイスコーヒー需要の高まりとともにブレイク!

「自宅でも“スペシャルティ”なコーヒーを飲みたい人が増えています。夏に需要が高まるアイスコーヒーは、自宅で淹れると手間がかかるもの。すぐに注いで飲めるRTDに人気が集まりそう」(中山さん)

 

コーヒー専門店からも登場!

丸山珈琲

CLASSIC 1991iced coffee

961円(1.0ℓ)

創業当時の味わいを再現した「丸山珈琲のブレンド・クラシック1991」を使用。深煎りのしっかりしたボディと長い余韻が特徴の味わいを楽しめます。

 

第3位 「誠品生活」

「世界で最もクールな百貨店14」「アジアで最も優れた書店」に選出され、世界中から注目を集める新型ライフショップが9月に日本初上陸。タピオカドリンクをはじめとする台湾ブームが続くなか、大きな賑わいが予想されています。

(台湾通トラベルライター/榎木由紀子さん)

 

世界中から注目を集める台湾の大型書店が日本初上陸!

【ココにオープン!】

コレド室町テラス

9月27日にオープン予定の、東京・三越前駅に直結する商業施設。「誠品生活日本橋」は同施設の2階にメインテナントとして展開。書籍、文房具、セレクト物販、レストラン&フード物販の、4つのゾーンで構成されます。

 

↑書店に隣接する文房具ゾーン。オリジナル品のほか、世界中からセレクトしたアイテムを取り揃えます

 

↑物販ゾーンではワークショップも行われ、ものづくり体験ができます。台湾で人気の吹きガラス体験も

 

↑食物販ゾーンの「誠品生活市集」。日本・台湾を中心にセレクトした食材やキッチン雑貨を扱います

 

ヒット指数:85%

蔦屋書店が模範とした台湾文化のテーマパーク

「誠品生活は、蔦屋書店が模範としたことでも知られる注目ショップ。日本初上陸の台湾グルメやコスメなども集う予定で、台湾を丸ごと体験できる“テーマパーク”として期待が高まります」(榎木さん)

 

タピオカティーも堪能できる!

タピオカミルクティーの人気店「ジ アレイ」も出店予定。天然手法で焙煎された茶葉の香りと手作りのタピオカを組み合わせた、絶品の味わいを堪能できます。

 

第2位 「プログラミング教育×エンタメ」

2020年から「プログラミング教育」が小学校で必修化されるのに先駆け、遊びを通してプログラミングを学べるアイテムやサービスが続々と登場しています。そのなかでも、エンタメ界の雄・ディズニーとのコラボ教材がヒットの大本命です。

(マーケティングアナリスト/原田曜平さん)

 

ライフイズテック!

テクノロジア魔法学校

13万8240円

ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングを学べるオンライン型学習教材。JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shaderといったプログラミング言語を軸として、メディアアート、ゲーム制作、ウェブデザインの3コースを総合的に学習できます。

 

↑ミッキーやドナルド、グーフィーといったおなじみの面々と、オリジナルキャラがストーリーを展開。オリジナルキャラの声を人気声優が務めていることでも話題を呼んでいます

 

↑物語が展開するなかでプログラミングを楽しく学べます。物語と連動した「魔法の本」や、レッスンごとに届く「オリジナルポストカード」など、アナログとも融合した教材です

 

ヒット指数:90%

親が子どもに習わせる初めての教材に選ばれる!

「経産省の発表では、2030年には78.9万人のIT人材が不足する見込み。育成の必要性が叫ばれています。親が子どもに習わせる初めての教材として、キャラクター商品が選ばれることが多いでしょう」(原田さん)

 

プログラミングトイも注目!

レゴ エデュケーション

レゴ エデュケーションSPIKE プライム

325.95ドル(米国での価格)※2020年初めに国内発売予定

レゴが手がけるプログラミング教材。プログラミング言語は「Scratch」を使い、アプリを通してレゴブロックやプログラミングツールなどを組み合わせ、制御できます。

 

第1位 「手放し自動運転」

ドライバーの運転ミスによる痛ましい事故が後を絶ちませんが、この抑止にひと役買うと期待されるのが自動運転技術の進歩。今秋に登場する日産 スカイラインでは、「手放し」で走行可能な最新の運転支援システムが実装されます!

(クルマ編集・ライター/安藤修也さん)

 

↑手放し運転のイメージ

 

【このクルマが実現!】

↑写真は現行車

日産

スカイライン

今秋発売予定

同社の最新運転支援システム「プロパイロット2.0」を採用予定。高速道路上において、カーナビで設定したルートを基に、先行車両との車間距離を一定に保ちながら車線中央を自動で走行する。ドライバーが前方を注視しているかを、モニターカメラが常に監視。

 

↑車載カメラやレーダー、ソナーなどを組み合わせて、周囲360度の情報と自車位置を正確に把握(上)。これに基づいてシステムが自動で操舵し、車線変更や追い越しの提案・実行も行います(下/※)※:設定速度より遅い車両が前方に走行している場合、システムが追い越し可能と判断すると画面表示と音でドライバーに提案。ハンドルに手を添えてスイッチ操作で承認すると、右側の車線へ車線変更します。追い抜きが完了すると、車線変更可能なタイミングをシステムが判断し、同様の操作で元の車線へ戻ります

 

 

ヒット指数:95%

手ごろな価格の車種にも搭載されることは確実

「社会的背景を踏まえて運転支援システム普及のペースが急速に早まる可能性が高いです。購入しやすい価格の車種にも早いうちに搭載されることは確実であり、ヒット間違いなしです」(安藤さん)

 

BMWは「高速道路で渋滞中」なら手放し運転OKに!

BMW

3シリーズ

452万円〜962万円

高速道路での渋滞時という条件で作動する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を実装。BMWではほかに、8シリーズ(クーペ、カブリオレ)、X5が夏以降に対応し、順次拡大。

 

↑周辺用、中距離用、長距離用の計3基の高性能カメラで情報を検知して、高速に処理。これにより正確な運転支援を実現します

 

【この記事を読んだ方はコチラもオススメ】

【10位~6位】プロが予測する「令和のネクストヒット」本命度ランキング

超局地的ヒットモノ! 編集部員の“マジ惚れ”アイテム14選

TAG
SHARE ON