ライフスタイル
2016/7/19 18:16

第1位は都内のあのお祭り! 旅好きのSNSユーザーが決めた行ってみたい「日本のお祭り」ベスト10

エイチ・アイ・エスでは、旅好きのH.I.S. SNSフォロワーを対象に「行ってみたい!日本のお祭り投票キャンペーン」を実施。そのランキングでベスト10に入ったお祭りを発表します。

 

【第10位】仙台七夕まつり
20160719-a01 (1)

開催日:8/6(土)~8(月)

場所:宮城県仙台市 市内中心部および周辺商店街

一般的に七夕といえば7/7に行われますが、本来は旧暦7/7の行事として全国各地に広まっていました。毎年華やかな七夕飾りを見に200万人を超える観光客が訪れます。

 

【第9位】天神祭

20160719-a01 (2)

開催日:宵宮(よいみや)/7/24(日)、本宮(ほんみや)/25(月)

場所:大阪府大阪市 大阪天満宮

1000年もの長い歴史を誇るお祭り。東京の神田祭、京都の祇園祭と共に日本三大祭りの一つに数えられ、毎年130万人もの観覧者が集まります。

 

【第8位】長崎くんち

20160719-a01 (3)

開催日:10/7(金)~9(日)

場所:長崎県長崎市 諏訪神社

この奉納踊は、国指定重要無形民族文化財に指定されています。異国文化が取り入れられ、ダイナミックな演し物を楽しむことができます。

 

【第7位】越中八尾おわら風の盆

20160719-a01 (4)

開催日:9/1(木)~3(土)、前夜祭は8/20(土)~30(火)

場所:富山県富山市八尾町

ボンボリがともる風情ある町で、三味線と胡弓(こきゅう)の音色に合わせて、叙情豊かにしっとりと優美に舞う踊りは人々を魅了します。

 

【第6位】秋田竿燈(かんとう)まつり

20160719-a01 (5)

開催日:8/3(水)~6(土)

場所:秋田県秋田市 竿燈大通り

国重要無形民族文化財に指定されており、宮城県の「仙台七夕まつり」、青森県の「青森ねぶた祭」と並んで、東北三大祭りの一つに挙げられます。

 

【第5位】沖縄全島エイサー祭り

20160719-a01 (6)

場所:胡屋十字路周辺 沖縄市コザ運動公園 陸上競技場

アクセス:沖縄県・那覇市街地から車で約60~90分

沖縄ならではの三線(さんしん)、歌、太鼓のリズムに合わせ、沖縄本島各地から選抜された青年会などの団体や、全国の姉妹都市や協賛団体からのゲストが集い、踊りながら街を練り歩きます。

 

【第4位】祇園祭

20160719-a01 (7)

開催日:7/1(金)~7/31(日)、

場所:京都府京都市 御池通、河原町通、四条通り

毎年7/1から一ヶ月間に渡って行われる八坂神社の祭礼で、日本三大祭の一つに数えられる「祇園祭」。およそ1100年前、祇園の神を祀り、災厄の除去を祈った事が始まりと伝えられており、33基の山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)が祭りの見所です。

 

【第3位】阿波おどり

20160719-a01 (8)

開催日:8/12(金)~15(月) 18:00~22:30

場所:徳島県徳島市中心部

アクセス:JR青森駅すぐの新町通りと国道4号線の間の区間

 

第3位は、世界的にも知られる400年の歴史を誇る徳島県の祭り「阿波おどり」です。

 

例年、約130万人もの観覧者が全国から集まり、踊り子は約10万人にものぼる全国最大規模の阿波おどり大会。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん♪」と、心地よい掛け声と熱気を感じることができ、美しい踊りを楽しむのはもちろん、飛び入りで参加できるプログラムもあり。

 

【第2位】青森ねぶた祭り

20160719-a01 (9)

開催日:8/2(火)~7(日)

場所:青森県青森市中心部

アクセス:JR青森駅すぐの新町通りと国道4号線の間の区間

 

第2位は、重要無形民族文化財に指定されている日本を代表する祭り、青森県の「青森ねぶた祭り」です。

 

毎年約300万人もの観覧者が詰めかける「青森ねぶた祭り」。七夕祭りの灯籠流しの変形ではないかといわれていますが、その起源は明らかになっていません。高さ5m、幅9m、奥行き7m、重さ4tにもなる20数台の大型のねぶたが出陣し、8/2~6は夜に、最終日の8/7は昼に青森市中心部約3.1kmのコースを練り歩きます。1台のねぶたに、多い時には2000人ものハネト(踊り手・踊り子のこと)が参加。国の重要無形民族文化財に指定されている、日本を代表するお祭りの一つです。

 

【第1位】東京高円寺阿波おどり

20160719-a01 (10)

開催日:8/27(土)・28(日) 17:00~20:00

場所:JR高円寺駅、東京メトロ丸ノ内線・新高円寺駅周辺 商店街及び高南通りの8会場

アクセス:JR高円寺駅、東京メトロ丸ノ内線・新高円寺駅周辺

 

旅好きのSNSフォロワーから多くの票を集め、第1位に輝いたのは、都内で楽しめる本格的な阿波踊りの「東京高円寺阿波おどり」でした。阿波おどりといえば、約10万人にものぼる踊り子や例年130万人もの観客数を誇る徳島の阿波おどりですが、その本場を抑えて高円寺阿波おどりが1位になりました。

 

1957年(昭和32年)、高円寺の街おこしにと一つの商店街から生まれたこのお祭りは、隣接する商店街、周辺町会・自治会に広がり、現在では約1万人もの踊り子が参加。約100万人もの観覧者が詰めかける、東京の夏を代表するお祭りに。阿波おどりは400年余りの歴史を持つ徳島の郷土芸能ですが、徳島の阿波おどりに敬意を払いながらも進歩し続け、多くの人々を魅了し虜にしています。

 

全国から寄せられた有数のお祭ランキング、いかがだったでしょうか。ランキング結果を参考に、ぜひ各地で盛り上がりを見せるお祭りを観に行ってみてはいかがでしょうか。

 

【URL】

エイチ・アイ・エス http://www.his.co.jp/

行ってみたい!日本のお祭りランキング http://bit.ly/festival_his2016

TAG
SHARE ON