ライフスタイル
2021/2/17 19:15

マウスウォッシュ「リステリン」のウリは“殺菌力”! withコロナの今こそ始めたい口腔ケア

新型コロナウィルスの影響により、毎日の手洗い、うがい、マスク着用を徹底する日々。しかし、一日中マスクを着用していると気になるのが口の中の雑菌や口臭です。お口ケアのためにマウスウォッシュを使い始めたという人も多いのではないでしょうか。「毎日使うものだから低価格のものでいいか!」と適当に選んでいませんか?

 

コロナ禍の中、口臭対策だけでなく、感染症予防のためにも、マウスウォッシュ=口腔ケアは必須です。 本稿では口腔ケアと感染症の関連性、マウスウォッシュの効果や使い方などもまとめて紹介します。感染症予防のみならず、生涯、自分の歯でおいしいものを食べ続け、健康に生きていくためにも今すぐに始めなくちゃ損!

 

新型コロナウィルスと口腔ケアの関係

新型コロナウィルスとの戦いが続く中、手洗い、うがい、マスク着用、家の中の除菌などさまざまな感染症対策をしていることでしょう。実は、誰でも簡単にできる感染症対策に口腔ケア(口の中の衛生環境)があります。新型コロナウィルスは細胞に感染するとき、細胞のアンジオテンシン変換酵素(ACE2)に吸着することで感染するという報告があります。そのACE2は、舌の部分に多く存在しているため、いま口腔ケアに注目が集まっているのです。

 

口腔ケアの代表格といえば歯磨きです。「最低でも朝晩2回歯磨きしているから、口腔ケアはばっちり!」というのは大間違い。お口の約75%は歯磨きだけではケアしきれておらず、磨き残しが多いという研究結果がでています。そこで注目したいのがマウスウォッシュ。たとえば、歯と歯茎の間にある歯垢(プラーク)は歯磨きだけだと9.3%の減少にとどまるのが、マウスウォッシュの併用で56.3%と大幅に減少されるのだそう。全身疾患、たとえば認知症との関連性で話題となる歯肉炎(歯周病)は歯磨きのみは11.2%の減少なのに対し、マウスウォッシュを併用すると29.9%の減少率!

 

菌の住処を破壊する「エッセンシャルオイル」の歴史は100年!

口の中を健康に保つだけでなく、感染症予防、将来の健康にもかかわる口腔ケアに欠かせないマウスウォッシュ。「今日から早速マウスウォッシュ生活だ!」と薬局に駆け込むと、多種多様なマウスウォッシュがずらり。迷いすぎて選べないあなたにおすすめしたいのが「殺菌力」のリステリンです。

↑1985年に日本で初めての洗口液として発売されたのがリステリン

 

口の中のトラブルの原因は菌。その菌はバイオフィルムに守られ、どんどん成長していきます。菌の住処となっているバイオフィルムを破壊するのは並大抵の歯磨きでは無理! 強固なバイオフィルムを破壊してくれるのが「エッセンシャルオイル」なんです。リステリンを販売するジョンソン・エンド・ジョンソンはこのエッセンシャルオイルを100年も前から使用し、世界で初めて口内洗浄液(マウスウォッシュ)を販売しました。100年も前から使用されているということは有効性、安全性が高いということ。

 

では、「早速リステリンを使おう」とすると、今度は歯ぐきケア、ホワイトニング、殺菌などカラフルにラインナップしています。またしても「悩んで何を買ったらいいかわからない」。そんなときはお口のお悩みを全部解決してくれる“トータルケアシリーズ”にしましょう!

↑リステリンのラインナップは10種類にもおよびます

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON