スポーツ
2017/8/10 20:00

3万円も安くなって、より小さくスマートに! SUUNTOからハイコスパなスポーツウォッチが登場

アメアスポーツジャパンは、スリムで軽量なマルチスポーツ対応GPSウオッチ「SUUNTO Spartan Trainer Wrist HR」シリーズを8月31日より、スント正規取扱い店舗ならびに直営店舗・公式オンラインストアにて順次発売します。7種類のモデル(内2種類、WHITEとCORALは初回限定カラー)で展開され、価格はオーシャン、ブルー、ブラック、ホワイト、コーラルは3万4452円、スチール、ゴールドは3万9852円です。

20170810-a02 (5)
↑レギュラーカラーの5色。左からゴールド、スチール、オーシャン、ブルー、ブラック

 

「SUUNTO Sparta Trainer Wrist HR」は、わかりやすく読みやすいカラーグラフで、毎日24 時間アクティビティのフィードバックとサマリーを提供します。また、毎日の歩数と消費カロリーの目標を設定することも可能。手首から心拍数を計測する光学心拍センサーとモーションセンサー、カスタマイズ可能なウオッチフェイス、あらゆるスポーツに対応したトレーニング機能を搭載したSpartan Trainer がアクティブなライフスタイルをサポートします。

↑初回限定カラーのホワイトとコーラル
↑初回限定カラーのホワイトとコーラル

 

現在販売中のSpartanシリーズに比べ、より軽量・スリムで質量がわずか56g(ステンレスベゼル採用モデルで66g)と超軽量モデルとなり、手首に付けていてもまったく気にならなくなりました。

 

また、5 気圧(50 m)の防水に対応しており、スイミングにも安心して着用できます。10時間のバッテリー駆動時間(パワーセーブオプションで最長30時間)により、トレーニングやフルマラソンなどにも十分に対応。Spartan Trainerを常に着用し、アクティビティトラッキング機能を有効にしていても、1回のフル充電で最長10日間の連続使用が可能です。

 

なお本機は、業界トップクラスの高精度なセンサー技術を持つ米国「バレンセル社」をパートナーに迎え、同社が特許を取得する生体識別測定技術“PerformTek”を採用。一般的な光学式心拍計内蔵モデルでは、心拍計測のためのLEDランプは通常1から2個のところ、「SUUNTO Spartna Trainer Wrist HR」は3個採用することで、より高い精度で心拍を計測できます。

20170810-a02 (1)

 

さらに、Spartan Trainerを使用すれば毎日のエクササイズがもっと楽しくなります。シンプルで使いやすいSpartan Trainerは、GPSを使用して速度、ペース、距離および高度を計測。約80種類のスポーツモードがプリインストールされており、箱から取り出してすぐにあらゆるアクティビティで使用することができます。ランニングやサイクリング、スイミングなど各スポーツ種目に特化した表示画面には、計測データがリアルタイムで表示。SUUNTOの伝統を忠実に受け継いだアウトドア志向のSpartan Trainerには、ブレッドクラムビュー表示のGPSルートナビゲーション機能が搭載されているので、新しいルートや場所を簡単に見つけることができ、常に来た道を安全に戻ることができます。

 

今回発売される「SUUNTO Spartan Trainer Wrist HR」の発売を記念して、スントがオフィシャルタイムキーパーを担う第12 回湘南国際マラソン(2017 年12 月3 日開催)の出走権利&宿泊チケット、オリジナルTシャツが抽選で当たるキャンペーンを実施。応募期間は8月31日から10月31日まで。詳しくはHPでご確認ください。

20170810-a02 (2)

 

前作より3万円以上も安くなったうえに、より小型&軽量化に成功した今作。新しいスポーツウォッチを探している人は、ぜひ一度試してみてください!

 

【URL】

SUUNTOキャンペーンページ http://campaign.suunto-japan.jp/

TAG
SHARE ON