スポーツ
ランニング
2018/1/1 22:00

目指すは箱根駅伝4連覇!青山学院大の「モチベーションムービー」がかっこいい

お正月といえば、箱根駅伝だ。

 

第94回大会となる今年の東京箱根間往復大学駅伝競走も、1月2日に往路、翌3日に復路が開催。20校+関東学生連合の計21チームが頂点を争う。

注目はやはり大会3連覇中の王者・青山学院大学だろう。会社員時代に営業マンとしてならした原晋監督のもとで徐々に力をつけ、2015年の箱根駅伝で初の総合優勝。さらに2016年、2017年と連覇を果たし、「駅伝の青学」を強く印象付けている。

 

その青山学院大学陸上部が、今大会を前に公開したモチベーションムービーが話題だ。オフィシャルパートナーであるadidasの協力を得て制作され、日々のトレーニングが力強い言葉とともに綴られている。

“スポットライト”の陰には、チーム全員の汗と涙があり、選手たちはそれらを背負って本番を戦う――。スポーツの魅力が詰まった素晴らしい映像だ。

 

彼らが目指すのは、日本大学(1935~1938年)、順天堂大学(1986~1989年)、駒澤大学(2002~2005年)と並ぶ4連覇。ちなみに、3連覇以上を達成しているのは他に、6連覇の中央大学(1959~1964年)、5連覇の日本体育大学(1969~1973年)、そして現在の青山学院だけである。

オンライン動画配信サービスの『Hulu』により、史上初めてリアルタイム配信されることでも話題の今大会。青山学院大学が4連覇を成し遂げるのか。それとも東海大学(出雲駅伝2017優勝)や神奈川大学(全日本大学駅伝2017優勝)といったライバルたちが新王者に輝くのか。その過程を、今年も存分に楽しみたい。

TAG
SHARE ON