スポーツ
バスケ
2018/5/22 22:00

“バスケどころ”の本気! B1復帰の秋田ノーザンハピネッツ、クラブ最多動員記録を更新

2017-18シーズンのBリーグは、5月26日(土)のチャンピオンシップファイナルを残すのみとなった。

 

今年決勝の舞台へ勝ち進んだのは、千葉ジェッツとアルバルク東京。東地区1位2位の両雄が、横浜アリーナで頂点をかけて対戦する。

 

今回、そのB1リーグへの昇格を決めたのが秋田ノーザンハピネッツだ。

 

今シーズンのB2において、54勝6敗という圧巻の成績を収めた彼らは、プレーオフのセミファイナルで熊本ヴォルターズと対戦。ここで見事に連勝し、1年でのB1復帰を決めた。

 

秋田といえば、田臥勇太(栃木ブレックス)らを輩出した名門・能代工業高校が人気の“バスケどころ”。B1昇格を決めたセミファイナル第2戦でも、クラブ歴代最多の4,909人がホームのCNAアリーナ☆あきたに詰めかけ、歓喜の瞬間を見届けている。

 

チームのファンであるブースターも熱狂的。チームカラーであるピンクに染まった会場の様子を見よ!

熱いサポートで快進撃も納得という感じの秋田は、5月19日から20日にかけて行われたB2プレーオフファイナルでライジングゼファー福岡と対戦。こちらは接戦の末に惜しくも敗れたが、リーグ屈指の人気を誇る彼らの来シーズンが今から楽しみである。

TAG
SHARE ON