スポーツ
サッカー
2019/6/13 18:45

ベッカム氏保有・米サッカークラブの新スタジアム案が強烈! かなりピンクに

元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める北米・メジャーリーグサッカー(MLS)の新チーム、インテル・マイアミCF。

 

彼らの新スタジアム「マイアミフリーダムパーク」のNEWデザインプランが発表された。

 

【関連記事】
本田圭佑「超リアルフィギュア」がオークションに! 落札価格はこちら

 

 

これは、かなりのピンク!

 

屋根の形状は以前のデザイン案では薔薇の花びらのような形で構成されていたところ、今回はまるで竜の鱗のような意匠となった。

 

ちなみに、以前のプランはこんな感じ(1:30付近から)。

 

こちらも十分かっこいいが、新しい案の方がクラブカラーであるピンクに力強さが加わったような印象だ。

 

インテル・マイアミは2020年にMLSへと参入するものの、この時点ではスタジアムの完成はまだ。そのため近隣の町フォートローダーデールにあるロックハート・スタジアムをしばらくは間借りすることになるという。

 

チームの共同オーナーには孫正義氏も名を連ねているだけに、来年の参入に向けた動きは今後日本でも注目されていきそうだ。

 

【関連記事】
ACミラン、2019-20シーズンの新ユニフォーム発表! デザインは「1969」への敬意

TAG
SHARE ON