スポーツ
2019/10/31 20:15

エムバペ級! ボルトより速いラグビーイングランド代表の「爆速ラン」がこれ

日本で開催されているラグビーワールドカップ。10月26日に行われた準決勝では、イングランドが2連覇中の王者ニュージーランドを19-7で下した。

 

かつて日本代表のヘッドコーチだったエディー・ジョーンズ氏が率いるイングランド。そこには、あのウサイン・ボルトよりも速いと評された選手が存在する。

 

イングランドの快足ウィング、ジョニー・メイだ。

『Sky Sports』などによれば、彼は2017年に40メートル走で秒速10.49メートルを記録したそう。単純換算では100メートルを9.53秒で走ることになり、ボルトが持つ9.58秒の世界記録を上回ることになる。

 

しかも、この時のメイは怪我明けだったそうで、ジョーンズHCも世界最速ウィングになれると太鼓判を押しているとか。

 

ただ、本人は「ラグビーでスプリントするときは全てを解放して全速力で走るので(スプリンターとは)違う規律だ。スプリンターは走りを鍛え上げるために訓練されている。そして、僕らが近寄ることができないスピードを叩き出す。でも、彼らはラックをしたり、ハイボールをキャッチする必要はない」と違いを語っている。

 

そのメイが2014年のオールブラックス戦でやった爆走トライがこれ。

188cm90kgという巨漢でぶっちぎる!これは桁違いに速い…。

 

29歳になった彼は、今大会でも3トライを記録している。

 

メイは2トライを決めたオーストラリアとの準々決勝でハムストリングを負傷。準決勝のニュージーランド戦は先発出場しながら後半4分の途中交代となったが、11月2日に迎える運命の決勝、南アフリカ戦に出場するようであれば改めてその快速に注目したい。

 

 

イタリア代表、物議醸す「緑色の新ユニフォーム」 あなたはどう思う?

TAG
SHARE ON