スポーツ
サッカー
2019/10/22 17:30

イタリア代表、物議醸す「緑色の新ユニフォーム」 あなたはどう思う?

欧州各地で行われているUEFA欧州選手権(EURO)予選。イタリア代表は地元ローマでギリシャを2-0で撃破し、7連勝で本大会への出場を決めた。

 

2018年のロシアワールドカップで予選敗退を喫した屈辱を晴らすため、燃えているイタリア代表の選手たち。ただプレーは好調だが、それ以外のところでも話題を呼んでいる。

 

その理由は、ギリシャ戦で着用したユニフォーム。お馴染みの青ではなく、なんと緑色の新ユニフォームを着ていたのだ。

この「ルネサンスキット」は、サードキットという位置づけ。1954年にイタリアがローマでアルゼンチンに2-0の勝利を収めた際、同じような緑のユニフォームを着用していたという。

 

ただ、GKを除くフィールドプレイヤーが緑のユニフォームを着たのは、この時が最初で最後。それが復刻されたような形の今回のユニフォームが、現地では物議を醸している。

 

ロベルト・マンチーニ監督は「自分はオールドファッションだから、青か白のほうがいい」とコメント。『Tuttosport』は「緑のユニフォーム、なんて罰当たりな!」との見出しを付けた。

 

元イタリア代表FWロベルト・ボニンセーニャも「罰当たりだ。このユニフォームに値札がついていると考えると怒りを覚える」とおかんむりだったとか。それくらいアズーリにとって青は絶対的なカラーのようだ。

 

このルネサンスユニフォーム、デザイン的には美しいはずだが……。

 

「ラグビー日本代表ジャージ」デザイン解説! サッカーのユニとはだいぶ違うぞ

TAG
SHARE ON