スポーツ
サッカー
2020/9/5 21:30

まるで激レアカード!? 欧州強豪クラブに移籍した長友佑都のトレカ開封風動画が楽しい

トルコのガラタサライを退団し、フリーの状態が続いていたサッカー日本代表の長友佑都がフランスの強豪マルセイユに加入することが正式決定した。

 

 

昨シーズン後半から登録外となりゲームに出場していなかった長友。契約満了と共に退団、新天地として選んだのはフランスの古豪マルセイユだった。過去9回のリーグ優勝を誇るマルセイユは、酒井宏樹も所属することから日本でも馴染み深いチーム。長友の加入により、マルセイユの両サイドバックで日本人が共闘する夢のようなゲームが見られることも予想される。

 

 

加入発表時にマルセイユは、1本の動画をSNSに投稿。その趣向を凝らした演出が話題となっている。動画は、トレーディングカードを開封するような演出によりスタート。まるでソーシャルゲームの「ガチャ」を引いているかのようだ。その後、長友のこれまでのプレーが紹介された後に、雄叫びを上げているようなイラストの長友カードが登場。カードには「激しい戦士」「稲妻の速さ」「不断のランナー」というキャッチコピーがつけられており、まるで激レアカードが出現するときの演出さながら。クラブの長友に対する期待の高さが表れている。

 

 

クラブ加入後の初練習では、酒井と共に汗を流した長友。ボール回しで負けたほうが腕立て伏せをする「日本風」のトレーニングを行ったことを報告するなど、新天地でも彼らしい明るいスタートをきったようだ。

 

 

また、マルセイユの公式SNSでは加入直後にして、チームメイトやスタッフとフランス語でコミュニケーションを取る長友の姿もアップされている。このコミュニケーション力の高さこそが、長年ヨーロッパリーグで一線を張れた秘訣でもあるのだろう。酒井と長友。2人がピッチ上で共闘する姿が今から待ち遠しい。

TAG
SHARE ON