スポーツ
バスケ
2021/2/14 18:00

Bリーグに現れた“超新星”! 琉球・ハーパージャン ジュニアの身体能力がエグすぎる

日本バスケットボール界の今後を担うであろう、楽しみな新人がBリーグを沸かせている。先日、琉球ゴールデンキングスに特別指定選手で加入した福岡第一高校のハーパージャン・ローレンス・ジュニアだ。2月6日の対レバンガ北海道戦にて、史上最年少となる17歳11か月28日でのBリーグデビューを果たした。

 

 

この試合では得点シーンがなかったものの、続く7日の第二戦で最終クォーターの残り3分14秒からコートに立つと、残り1分16秒で自らファウルをもらいフリースローを獲得する。1本目は惜しくも外してしまったものの、2本目では確実に決めてみせ、出場記録に加え史上最年少得点の記録も更新してみせた。

 

 

 

プロ初得点をあげたハーパーは、さらに衝撃的なシュートを決める。残り1分を切ったところで、リバウンドを奪って攻め込むと、一気に加速しダンクシュートを決めてみせたのだ。身長180cmとバスケットボール選手の中では小柄ながら、その身長差を感じさせない豪快なダンクにファンは大興奮。Bリーグ公式SNSがこの動画を公開すると「えぐい!」「180cmでゲーム中のダンクはホントに凄い」と驚きのコメントが多数寄せられた。

 

 

試合前には「ダンクを決める」と宣言していたというハーパー。有言実行となる得点には、今後の活躍を期待せずにはいられない。琉球の若き才能が、今後の日本バスケットボール界をさらに盛り上げてくれるに違いない。

TAG
SHARE ON