スポーツ
サッカー
2021/6/16 20:30

まさかの試合前退場!? ヴァンフォーレ甲府と審判のSNSでのやり取りが面白いと話題

Jリーグの試合前に起きた、まさかの珍事がSNSで話題になっている。ファンを楽しませたのが、ヴァンフォーレ甲府対アルビレックス新潟の一戦でのひとコマ。

 

 

ヴァンフォーレの公式SNSが投稿したのは、公式マスコットのヴァンくんの写真。キックオフ直前に“ある事件”が起きたという。その事件とは、ヴァンくんが「必要以上の危険アピール」を繰り返したというもの。

 

 

この“危険行為”に対して審判団が下したジャッジは、まさかのレッドカード。ヴァンくんは試合出場前に出場停止&次節出場停止が予想される事態となってしまった。

 

 

この投稿に、Jリーグの審判員である八木あかね氏もSNS上で反応。「確認です。試合前にレッドカードもらったんですから、この試合にはもちろん出ていませんよね?」と、ヴァンくんに確認のメッセージを送っている。さらに「もし選手と一緒に入場したり、ハーフタイムとかに色々されているようならば、次節1試合だけの停止では済まないと思います。」と、審判目線の反応を見せているのである。

 

しかし、これはもちろんヴァンくんのネタ投稿に、真面目風に返信をしているだけ。いわば、はからずしてサッカーファンが盛り上がる“プロレス”となったのだ。返信欄では「ヴァンくん、やり過ぎは禁物ですよ。」「ジャッジリプレイで取り上げて」「マスコットチェアマンに委ねましょう!」と、ファンたちもこのプロレスにノッてきているから面白い。

 

 

その後ヴァンくんは「ぼくみたくレッドカードもらわないようにきをつけてください。」と、すでに自身のレッドカードに関する投稿を行うなど、自身の持ちネタにしているようだ。今後もヴァンくんの狂犬ぶり(!?)から目が離せない。

TAG
SHARE ON