文房具
2018/10/11 18:00

使ってこそ華! 集めた「マスキングテープ」の待機ツール2選

【きだてたく文房具レビュー】お気に入りのマスキングテープを使いやすくするグッズ

どんなに世事に疎いオジサンでも、「女子の間で“マステ”(マスキングテープ)が流行ってるらしい」ぐらいは、聞いたことがあるだろう。

 

実際のところ、およそ女性なら机の引き出しにマステの10個や20個は入っているのでは? と想定されるレベル。“マステ好き”を名乗るなら、最低でも100個は手元にあって……という話なので、流行っているどころの話ではない。

 

とはいえ、女性がマステをそれだけ持っていて何に使うのかと言うと、実は確たる用途があまりない。

 

もちろん、手帳などの持ち物をデコったり、友達への手紙の封に使ったりと使われてはいるのだが、基本的にはロールのままかわいい柄を集める、コレクタブルなアイテムとして成立しているのが現状である。だから10個20個と手元に溜まるのだ。

 

ただ、それが最近、ちょっと変わりつつある。「さすがに溜め込むだけじゃねえ……」という声もマステファンから出始めたのか、業界全体の雰囲気が「溜める」→「使う」にシフトしてきているのだ。

 

そして、機に聡い文房具メーカー各社が、マステを使いやすくするためのツールを発売し始めている。今回は、そんなマステを消費するための、ネクストステージな文房具を紹介したい。

 

お気に入りのマステをペン形状で持ち歩ける

たっぷり溜め込んだマステも、自宅の机やストッカーにしまいっぱなしでは使えない。それよりもお気に入りの柄のマステを持ち歩けば、何かと使う機会も増えるのではないか。

 

ということでカンミ堂が発売したのが、ペンケースに入れて持ち歩けるマステホルダー「maco(マコ)」だ。

↑カンミ堂「maco」669円(コマキ芯5個付き)

 

細長いペン型のホルダーに、マステを4柄まで収納することができる。とはいえマステといえば、セロハンテープのように紙芯のロールに巻かれたもので、そのままではこのホルダーには入らない。

 

じゃあどうするかというと、専用の“コマキ芯”にテープを巻き直すのである。

↑小巻き器を押さえて、テープをぐるぐる回転させるとスムーズに巻ける

 

まず、macoに付属の小巻き器にコマキ芯をセットして、テープの端を水平に貼り付ける。あとは小巻き器の両端を指で押さえつつ、テープをぐるぐると回転させて芯に巻き付けていくのだ。

 

この時のコツは、小巻き器を中心軸にして固定し、テープをそれに沿うように動かして巻いていくこと。最終的に小巻き器キャップ(ギア状のもの)と同じぐらいの太さまで巻けたら、テープ長が約1mほどの小巻きマステが完成である。

 

コマキ芯はベーシックな15㎜幅テープ用だが、カンミ堂のサイトには幅広な18㎜・20㎜テープのオプショナルな巻き方も動画で紹介されているので、参考まで。

↑テープ長約1mの小巻きマステ、完成。ちっちゃくてかわいい

 

できあがった小巻きテープの端を、maco本体ホルダーのスリットから出しつつセットすれば、あとは小巻き器を放り込んだキャップをパチンとしめて作業完了。これでペンケースにマステを入れて持ち運べる、という次第である。

 

ホルダーにはマステカッターも付いているので、使う時は中から好きなだけ引き出してカットすればOKだ。

↑maco本体の側面はテープカッターになっている

 

実は個人的には、この小巻きマステを作る作業がめちゃくちゃ楽しかった。慣れるとものの1分足らずでスイスイと巻けてしまうし、なにより、できあがった小巻きが妙にかわいいのだ。

 

マステコレクターの間では、紙片にコレクションを巻き直して知人とトレードする、ということも行われているが、今後はmacoの小巻きがトレード用の1単位としてファンに流通していくのかもしれない。コマキ芯だけ別売も用意されているあたり、メーカーもそこを見越しているのだろうか。

↑追加のコマキ芯は10本入りで259円

 

↑巻くのが楽しすぎて、気がつくと大量に巻いてしまう

 

結局のところ、使うつもりが小巻きマステが溜まっていく……という始末になる気もするが、まあ、従来の紙芯よりはかなりコンパクトになるし、そのままmacoにセットして持ち運べるし。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示