文房具
2019/3/23 8:03

【文房具総選挙】デジタルとアナログを融合した未知のノートもノミネートーー「記録する」部門

“はかどり”をキーワードに選出された文房具のなかから、一般の方の投票によってナンバーワンを決定する「文房具総選挙2019」。GetNaviがプロデュースする、毎年恒例の文房具のイベントです。いよいよ本日朝6時から投票受付がスタートします。(〜4月24日(水)23時59分まで)

投票はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://pf.gakken.jp/user/op_enquete.gsp?sid=GNW&mid=003623yn&hid=u23gXOaaY_0

 

ノミネート商品は、2018年4月から2019年4月に発売の文房具のなかから、菅 未里、きだて たく、古川 耕、美崎栄一郎の文房具やビジネスのジャンルで活躍する各氏に加え、伊東屋バイヤーとGetNavi編集部員2名の計7名の選考委員によって、あらかじめピックアップされた全75点。以下の6部門に分かれています。

・書く・消す https://getnavi.jp/stationery/362258/

・綴じる・束ねる https://getnavi.jp/stationery/362326/

・記録する

・収納する https://getnavi.jp/stationery/362643/

・印をつける・伝える https://getnavi.jp/stationery/362688/

・切る・貼る https://getnavi.jp/stationery/362721/

 

ここでは、部門ごとに紹介していきましょう。

 

「記録する」部門

No.25
カンミ堂「アンドノート」756円

A4書類とノートをひとつにまとめられるノート。付属の専用パーツで書類をノートに綴じられる。書類をしっかり固定できる一方、リングから外して違う位置に移動することもできる。

 

No.26
スモテック×kenma Inc.「wemo パッドタイプ(2枚入り)」1296円(S)、1404円(M)

ノートPCやスマホ等に貼れるパッド型メモ。独自のコーティングを施したシリコン素材で、ボールペンで書いた文字を消しゴムや指で消すことができる。裏面は繰り返し貼りつけ可能な吸着シートだ。

 

No.27
マークス「EDiT 方眼ノート」1620円(A6)、1944円(B6)、2376円(A5)

今年10年目を迎えた手帳ブランド「EDiT」から新定番アイテムとして登場。書いた内容を邪魔しない柔らかなブルーの5㎜方眼罫が特徴だ。カバーはEDiT手帳シリーズの人気カバーの「スープル」。

 

No.28
ミドリ「MDノート ジャーナル」972円

余白を楽しみながら日々の記録を書き留めるノート。研究ノートをイメージした「〈A5〉フレーム」と、文字や図を描くときに便利な5㎜幅の「〈A5〉ドット方眼」がラインナップする。

 

No.29
プラス「カ.クリエ アシストシリーズ」162円

三つ折りにしたA4用紙がスッキリ収まる人気ノート、カ.クリエをアシストするアイテム。ノートを内容ごとに分けて情報を保管したい人向けに作られた。フリーのスケジューラー罫などを揃える。

 

No.30
コクヨ「ソフトリングノート〈Biz〉」356円(A5サイズ)~

同社独自開発の“やわらかリング”を採用した大人向けノート。表紙に特殊なニス加工を施し、高級感を演出している。ページの端に日付やタイトルを記入する欄があり、検索性が高い。

 

No.31
富士通クライアントコンピューティング「電子ペーパー『QUADERNO』」オープン価格

紙とペンのような筆記感が特徴。350g(A4サイズ)という軽さながら、約1万ファイルのPDF(※)が入る。ページが無限に増えるノートとして使え、拡大縮小機能などデジタルの良さも味わえる。
※:約1MBを1ファイルとした場合

 

No.32
JMAM「NOLTY ノート A5」3132円

手帳の老舗「NOLTY」のノート。同ブランドを象徴する本金仕上げの小口が、美しい見た目で汚れも防ぐ。中面には筆記具を選ばないオリジナル手帳専用紙を採用。横罫、方眼、無地の3種。

 

No.33
ミドリ「パッとメモ」345円

左側面をペーパーパッドのように糊付け。使用済みのページはパラパラめくれる一方、新しいページは綴じられたままだから、探す手間を省ける。角は、携帯時ポケットに引っかからない丸加工。

 

No.34
サンスター文具「Piri-it study! プランナー付箋」540円

お気に入りのノートなどに貼って、1日の「計画・立案」と実行した「結果」を記入できる付箋。ToDoが終わったらインデックスをちぎると、計画が完了したかひと目で見分けられる。

 

No.35
伊東屋「リーガルスティッキーメモ TO DO」486円

リーガルパッドのToDoタイプ付箋。やることリストや、持ち物リストなど様々な用途に使える。ToDoごとにカットできるから、リストの順序を入れ替えたり、個別に貼り出したり、編集も可能。

 

No.36
デルフォニックス「ロルバーン ランドスケープ」1134円~

ステーショナリーディレクター土橋 正氏監修。ページを分割して使い思考モードを切り替えられる、「考える」ための横型タイプだ。ページを2.4分割できる分割ガイド付き。2サイズ展開だ。

 

No.37
プラス「クリーンノート Kaite」3888円(B5)、4536円(A4)

磁力で何度も繰り返し書き消しができる新感覚メモツール。独自技術で滑らかで細やかな筆記と部分消去を実現し、紙に書くような使い心地を追求。書いた内容は専用アプリに保存し共有できる。

 

No.38
毎日、文房具。「DIALOG NOTEBOOK(3冊セット)」1512円

毎日持ち歩けるよう厚さと軽さを追求。100年以上の歴史を持つ上質紙で書き心地も抜群だ。罫は方眼で下と横には、書くときに邪魔にならず、検索時には見やすい、グレーのページ番号入り。

 

【投票方法】

文房具総選挙特設サイト・読者ハガキ・リアル投票イベントの会場と、3か所で投票を受け付けています。6部門を設置し、各部門ごとに機能性に優れ、仕事がはかどると感じたアイテム3点ずつに投票してください。

 

投票はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://pf.gakken.jp/user/op_enquete.gsp?sid=GNW&mid=003623yn&hid=u23gXOaaY_0

 

さらに……

4月14日には銀座・伊東屋でリアル投票イベントを開催!

4月14日(日)には、タッチ&トライや選考委員によるトークショーなどを楽しめるイベントを開催します。イベント会場では、全ノミネート商品を実際に試してから投票が可能。素敵なプレゼントが当たる抽選会も予定しています!

・実施日: 4月14日(日)
・会場: 銀座 伊東屋 本店 Inspiration Hall(G.Itoya B1F)

 

 

奮ってご参加を!

 

「文房具総選挙 2019」特設サイト
https://getnavi.jp/bunbougu-senkyo/