文房具
2019/3/23 8:06

【文房具総選挙】究極まで機能を研ぎ澄ました逸品たちがずらりーー「切る・貼る」部門

“はかどり”をキーワードに選出された文房具のなかから、一般の方の投票によってナンバーワンを決定する「文房具総選挙2019」。GetNaviがプロデュースする、毎年恒例の文房具のイベントです。いよいよ本日朝6時から投票受付がスタートします。(〜4月24日(水)23時59分まで)

投票はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://pf.gakken.jp/user/op_enquete.gsp?sid=GNW&mid=003623yn&hid=u23gXOaaY_0

 

ノミネート商品は、2018年4月から2019年4月に発売の文房具のなかから、菅 未里、きだて たく、古川 耕、美崎栄一郎の文房具やビジネスのジャンルで活躍する各氏に加え、伊東屋バイヤーとGetNavi編集部員2名の計7名の選考委員によって、あらかじめピックアップされた全75点。以下の6部門に分かれています。

・書く・消す https://getnavi.jp/stationery/362258/

・綴じる・束ねる https://getnavi.jp/stationery/362326/

・記録する https://getnavi.jp/stationery/362384/

・収納する https://getnavi.jp/stationery/362643/

・印をつける・伝える https://getnavi.jp/stationery/362688/

・切る・貼る

 

ここでは、部門ごとに紹介していきましょう。

 

「切る・貼る」部門

No.63
コクヨ「GLOOシリーズ」140円~


デザインと機能性、使いやすさを追求した接着用品ブランド。紙の角まで塗れるスティックのり、持ち方を縦横選べるテープのり、乾くと色が消える接着剤、片手でも使えるテープカッターがある。

 

No.64
オルファ「キッター」オープン価格

子どもが自由に工作を楽しめる安心設計のカッターナイフ。刃をプラスチックで覆うことで、起こりうる怪我を最小限にした。ボディは丸みがあり、軽量だから、子どもでも握りやすい。

 

No.65
LIHIT LAB.「コンパクトスライドカッター」3024円

紙台が半分に折れてスライダーも外せるから、コンパクトに収納できる。利き手に関係なく使えるよう、紙台には寸法を左右対称に表示。紙の両端を切断する際は、紙を回転させず左右にずらすだけでOKだ。

 

No.66
カウネット「音が出にくい布テープ」358円

梱包作業時のテープを引き出すビリビリ音が出にくく、周囲を気にせず作業できる。さらに従来品より軽い力で引き出せるので、作業効率もアップ。「音が出にくい透明テープ」も人気だ。

 

No.67
スリーエムジャパン「スコッチ 速く接着する工作のり」実売価格540円

紙やダンボール等の紙同士なら約10秒で接着できる。染み込みやすく、塗り広げやすい液状タイプで、乾くと透明になり目立ちにくい。さらに水性だから手についても石けんと水で落とせる。

 

No.68
ニチバン「セロテープ 小巻カッターつき〈まっすぐ切れるタイプ〉」各216円

新カッター刃を搭載。刃先のギザギザ部分をより密にし、刃の形状や角度を工夫したことで、テープをまっすぐきれいに切れるようになった。プラスチック製の細かい刃だから怪我をしにくい。

 

No.69
ミドリ「ダンボールカッター」各928円

機能性と耐久性を極めたダンボール開梱用カッター。錆びずに切れ味が継続するセラミック刃を搭載している。雑誌や新聞の一枚切りにもオススメだ。マグネット内蔵で玄関のドアなどに貼れる。

 

No.70
プラス「ノリノコロ」248円

独自開発した「カーボンファイバー」配合のフラットタイプのり。強力な粘着力と快適なのり切れを実現し、粘着力は同社従来比、約1.8倍だ。コンパクトボディに12mものテープを備えている。

 

No.71
コクヨ「チョイタス」302円

ノートに資料を貼るためのシール。ページ上でなく、ページの横につなぐように貼るから、両面印刷の資料にも使える。台紙をガイドにするとまっすぐに貼れ、折り畳んでケースとしても持ち運べる。

 

No.72
オルファ「ハイパーM厚型(上)/特専黒刃(M厚) 5枚入り(下)」オープン価格

Xデザイン・ハイパーシリーズ初のM厚型刃を装着したモデル。細身のフォルムながら刃厚が0.45㎜あり、大型刃の力強さと小型刃の取り回ししやすさを備える。別売りの特専黒刃も装着可能。

 

No.73
プラス「フィットカットカーブ ツイッギー フッ素コート」840円


究極にスリムな携帯はさみとして人気のシリーズ「ツイッギー」の刃全体をフッ素コーティングしたモデル。テープ等の粘着物を切ってもべたつかず、切りにくいほつれ糸などもサクサク切れる。

 

No.74
レイメイ藤井「ペンカットプレミアム」972円、1188円(フッ素コート)、1404円(チタンコート)

本格的な切れ味を追求した携帯はさみのプレミアムモデル。ハンドルの奥まで刃が入っているから刃先まで力が伝わる。1.5㎜厚刃と高角度の片刃仕上げで、薄いビニールから厚紙までカット可能だ。

 

No.75
ゼブラ「マッキーワーク」各194円

油性マーカー「マッキー」のキャップ先端にダンボールオープナーを搭載。ガムテープを裂いて開けることができる。プラスチック製のオープナーだから、箱の中身を傷つけてしまう心配がない。

 

【投票方法】

文房具総選挙特設サイト・読者ハガキ・リアル投票イベントの会場と、3か所で投票を受け付けています。6部門を設置し、各部門ごとに機能性に優れ、仕事がはかどると感じたアイテム3点ずつに投票してください。

 

投票はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://pf.gakken.jp/user/op_enquete.gsp?sid=GNW&mid=003623yn&hid=u23gXOaaY_0

 

 

さらに……

4月14日には銀座・伊東屋でリアル投票イベントを開催!

4月14日(日)には、タッチ&トライや選考委員によるトークショーなどを楽しめるイベントを開催します。イベント会場では、全ノミネート商品を実際に試してから投票が可能。素敵なプレゼントが当たる抽選会も予定しています!

・実施日: 4月14日(日)
・会場: 銀座 伊東屋 本店 Inspiration Hall(G.Itoya B1F)

 

 

奮ってご参加を!

 

「文房具総選挙 2019」特設サイト
https://getnavi.jp/bunbougu-senkyo/