文房具
2019/4/18 16:25

「究極のクリップ」を謳う、絶対にはずれない、見た目も美しい、3重構造の「Ripple CLIP」

Discoverは、Ripple CLIP の外れないクリップ「Ripple CLIP(リップルクリップ)」を、動画ショッピングサイト「DISCOVER」にて4月12日に発売開始しました。

ページをめるくとはずれてしまう”クリップ”。その不便を解消する「外れないクリップ」を多くの人に届けたいという想いでこのプロジェクトの実行に至りました(本製品のシルバーカラーは、既に市販中)。

 

130年ぶりのイノベーション

ふだん、私たちがよく使っているゼムクリップは1890年頃に発明されました。今でもその形を変えず使われ続ける素晴らしい発明です。使いやすさと製造コストが究極的に完成されています。しいて不便を感じることがあるとすればページをめくるときに外れてしまうことです。

Ripple CLIPは130年ぶりの革新に挑みました。「はずれてしまうストレスからの解放」、90度の角を留めるための幾何学上の白銀比(1:√2)にもとづく「波紋(Ripple)のような美しいフォルム」そして「自分だけの使い方の発見」を多くの人々に楽しんでいただきたいとのこと。なお、特許出願済み(特願2018-158417)。

 

波と三角形の世界

Ripple CLIPのサイズは、書類を従来のクリップの最もポピュラーなサイズで留めて、ページを捲る際の捲り代を想定しました。その直角三角形の頂点を底辺の中心に合わせて折り曲げて出来る小さな直角三角形と台形を留めるという目的からRipple ClIPの大きさが決定。

機能を満たす形が水面の波紋(Ripple)でした。その波が三角形を留めると後北条家の家紋である三つ鱗が出来上がります。

 

Ripple CLIPの構造力学的な特徴は3重のクリップの2重目と3重目の上下が1点の交差で逆転しているところにあり、それにより90度の紙の角に対するグリップ力を作用させつつ三つ鱗に収まることができます。紙テープでRipple CLIPの形で両端を接着させた輪をはさみで長手方向に切ると2つのつながった輪になります。メビウスの帯は180度ねじったものであり同じことをすると大きな輪になりますが、Ripple CLIPをテープで形どると始点と終点が360度ねじれます。

 

メタリックレッドとメタリックブルーの干渉色

 

【使用例01】手帳にメモをクリップ

 

【使用例02】スティック入りの砂糖や調味料の袋止めに

紙を止めたときの見栄えがとてもキレイな本製品。使い方も幅広いので、何本か持っておいて損はないはず。それにしても色が美しいですね。

TAG
SHARE ON