文房具
2015/11/16 11:26

【販売累計6000万本突破!】トガったまま書き続けられる唯一のシャープペン「クルトガ」に進化型モデルが登場

三菱鉛筆より、人気シャープペン「クルトガ」の進化型モデル「クルトガ パイプスライドモデル」が11月16日に発売されます。

gnw151030_04_01

同社のシャープペン「クルトガ」では累計販売数が6,000万本を突破するなど人気を博していましたが、今回の「進化型モデル」ではさらに機能がアップしたのだとか。

 

ペン先のハイプをスライドさせ芯折れやノック数を減らす

15y_0731_kurutoga_A4_ol+

従来のクルトガはペン先のパイプが固定されているため、芯のみが短くなるタイプ。そのため芯が短くなればだんだん書きにくくなりますし、ノックする回数が多ければ芯が折れやすいといったデメリットが生じていました。

 

この「クルトガ パイプスライドモデル」では、芯が少なくなるたびにパイプも上にスライドしていくため、通常のシャープペンよりノックする回数を減らせるほか、「芯がトガったまま」、つまり同じ書き味を長い間継続させることができるようになりました。

 

「クルトガ」シリーズの特長も継承

gnw151030_04_04

これまでの「クルトガ」シリーズでは芯が斜めに減っていく「偏減り」を防ぐために、ペン先のパイプが回転する「クルトガエンジン」を搭載していましたが、新モデルでもそれを踏襲。パイプが回転しさらに上下にもスライドする“自由自在なシャープペン”に進化したのです。

 

・細く、クッキリ文字描けて、芯先が紙面に引っかかりにくい。
・安定した筆記状態が継続できる。
・芯の粉が出ず、紙面を汚さない。

 

以上のように「クルトガ」シリーズにはメリットが非常に多いので、シャープペン選びで迷っているという人は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

この商品の概要は以下の通り。

 

商品名 「クルトガ パイプスライドモデル
芯径 0.5mm
本体色 ピンク、ブルー、ブラック
本体価格 450円(税別)

TAG
SHARE ON