話題
2018/6/9 22:00

「滝沢カレンに次ぐ新種が登場したね」 天然すぎるキャラクターでファン急増の元タカラジェンヌ・ゆかりの小雪

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、次にキそうなブレイク間近の有名人を紹介! 今回紹介するのは、元タカラジェンヌ・ゆかりの小雪。

 

ゆかりの小雪の天然キャラっぷりが話題沸騰!

出典画像:スターレイプロダクションより

 

“元タカラジェンヌ”と聞くと、淑やかな雰囲気や凛とした佇まいをイメージするもの。しかしそういった印象を吹き飛ばすキャラクターで話題を呼んでいるのが、かつて宝塚歌劇団月組で活動していたゆかりの小雪だ。2012年3月に98期生として歌劇団に入り、「紫乃小雪」として活躍。ヒロイン役を務めるなど実力も認められていたが、2017年10月をもって退団していた。

 

華々しい経歴を持つゆかりのだが、大きな注目を浴びることになったのが「踊る! さんま御殿!!」へのゲスト出演。5月15日放送回に登場したゆかりのはオープニングから「こんにちはー!」とハイテンション気味。「今はこのように、タレントとというものをしておりますー!」と独特の口調で自己紹介トークを展開し、同じくゲストで歌劇団の大先輩・姿月あさとを爆笑させている。

 

濃厚なキャラクターの登場にネット上は騒然となり、「めっちゃ可愛いのにぶっ飛びすぎてるwww」「元タカラジェンヌなのにパンチ力効いてるな」「天使みたいな顔して天然ぶりがハンパない」「滝沢カレンに次ぐ新種が登場したね」といった声が続出。思わぬ話題性に所属事務所「スターレイプロダクション」的に大丈夫なのかと思いきや、当の事務所が「元宝ジェンヌなのにバラエティタレントになりたくて弊社に入った変わり者です」とアピールするほどだった。

 

「金髪スタイルの美女」「元タカラジェンヌらしい可愛さ」と評されながら、意外すぎるギャップにファンが急増したゆかりの。実はその“コメディエンヌ”ぶりは以前からSNSで発揮されており、宝塚歌劇団を退団した直後から既にその片鱗を見せている。2017年11月にインスタグラムに投稿された動画では、アプリによって宇宙人のような顔に変形させて美貌を台無しに。せっかくの美声まで甲高く加工し、謎の替え歌を披露してフォロワーを笑わせていた。

 

宝塚歌劇団出身といえば、天海祐希や真矢ミキといった面々が個性を活かした活躍を続けている。ゆかりのも元タカラジェンヌのニューフェイスとして、ファンを楽しませてくれそうだ。

 

プロフィール
名前:ゆかりの小雪(ユカリノコユキ)
生年月日:1993年9月8日
出身地:大阪府
身長:160cm
趣味:おしゃべり・YouTube鑑賞
特技:歌・芝居・芸人のギャグまね
やりたい事:ローションスライダー
習い事:バレエ・ピアノ・日本舞踊・英語・ダンス

TAG
SHARE ON