乗り物
飛行機
2018/10/17 21:55

【完全ガイド】セントレアの新スポット「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」の魅力、歩き方

セントレア(中部国際空港)は、空港敷地内に併設した体験型複合施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」を10月12日オープンしました。この施設は2015年6月にボーイング社から寄贈されたボーイング787飛行試験初号機「ZA001号機」を核に、体験型コンテンツを提供する有料エリアの「FLIGHT PARK」と、飲食・物販エリアから成る無料エリアの複合施設となっています。

FLIGHT OF DREAMSへの入場自体は無料ですが、FLIGHT PARKへ入るには別途料金が必要です。個人向けチケットは大人(中学生以上)1200円、子供(3歳~小学6年生)800円。このFLIGHT PARKへ入れる営業時間は10時~17時(最終入場は16時30分)で、土曜日のみ10時~19時(最終入場)18時30分)となっています。

 

一方、無料エリアの飲食・物販エリアは飲食店が10時~22時、物販店が10時~18時。FLIGHT PARKが閉場してからでも、展示されたボーイング787を目の前に飲食を楽しむことができます。

 

有料のFLIGHT PARKへは1階から入りますが、チケットは入場ゲート手前にあるカウンターで購入できます。ゲートを通過するといきなり目の前にボーイング787飛行試験初号機「ZA001」が現れます。高さ1.7mの台座の上に設置されているため、機体下へ入ってビス1本に至るまで観察できるのです。普段は遠目にしか見られない機体が、すぐ目の前で見ることができるのはこの施設が持つ最大のポイントと言っていいでしょう。

 

では、このFLIGHT PARKではどんな体験ができるのでしょうか。今回はスポンサー企業であるスバルの招きでひとあし早く体験することができたので、動画を交えつつ見どころを紹介しましょう。

 

ほかじゃできない! 飛行機をテーマにした未知の体験の数々

【スポット紹介①】

飛行機と映像と音の共演! 「Fly with 787 Dreamliner(フライ ウィズ 787 ドリームライナー)」

最大の見物となるのが「Fly with 787 Dreamliner(フライ ウィズ 787 ドリームライナー)」です。下の動画でもその一端を紹介しますが、ボーイング 787型機の周囲にある空間を使って展開される映像と音のショーが定期的に展開されるのです。

コンテンツは2種類あり、それが交互に上演されることになっていて、その多彩さに圧倒されます。このショーを一望できる場所として用意されたのが4階の観覧エリア。階段を使って上がることができますが、その人数に制限があることから整理券を事前にもらっておくとよいでしょう。

 

【スポット紹介②】

紙ヒコーキで音と光が変化! 「Paper Plane Music Field(奏でる!紙ヒコーキ場)」

紙ヒコーキを飛ばすコーナー「Paper Plane Music Field(奏でる!紙ヒコーキ場)」もあります。とはいっても、単に飛ばすだけではありません。設備に光のゲートが仕組まれており、飛んだ軌跡に応じて音と光が変化するのです。つまり、紙飛行機の折り方でどうすれば紙ヒコーキが飛んでいくかを試せるわけです。

 

【スポット紹介③】

憧れのお仕事体験! 「Airline Studio(エアラインスタジオ)」

「Airline Studio(エアラインスタジオ)」ではパイロットや客室乗務員(CA)の制服を着用して航空会社の仕事を実際に体験できます。訪れた人が塗り絵でデザインした“人”をプロジェクションマッピングで登場させ、CAの場合なら空港から飛行機へ案内し、機内でもドリンクのサービスを行うのです。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON