乗り物
鉄道
2018/12/15 17:00

かつては同じ会社の路線だった — 数奇な運命をたどった2路線を巡る旅 【香椎線編】

おもしろローカル線の旅24 〜〜JR香椎線(福岡県)〜〜

 

福岡市近郊を走るJR九州の香椎線(かしいせん)と、西日本鉄道の貝塚線。両線とも、博多湾鉄道(後の博多湾鉄道汽船)という会社が路線を開業させた。

 

それぞれ終点の駅で行き止まりになる「盲腸線」の形態。香椎線に至ってはJRで唯一、起終点駅で他線と連絡がない珍しい路線だ。なぜ2本の路線が造られ、その後、別々の道を歩んだのか。そこには『黒いダイヤ』と呼ばれ尊ばれた石炭輸送が絡んでいた。歴史をひも解きつつまずは香椎線の沿線をたどってみた。

↑非電化の香椎線を走るキハ47形。写真は前面が青色、側面が白という香椎線独自の塗装「アクアライナー色」の車両。同車両に加えてアイボリーに青帯という「九州色」のキハ47形も走る。なお3月16日以降はすべてがBEC819系DENCHAに変更予定(詳細後述)

 

【香椎線の歴史と概要】太平洋戦争の最中、西鉄から国鉄の路線に

最初にJR香椎線の歴史と路線の概要に触れておこう。

路線開業 博多湾鉄道により1904(明治37)年1月1日に西戸崎駅(さいとざきえき)〜須恵駅(すええき)間が開業、翌年12月29日に宇美駅(うみえき)まで延伸される
現在の路線と距離 香椎線(通称:海の中道線)・西戸崎駅〜宇美駅間25.4km
軌間(線路幅)・電化 1067mm・非電化

 

開業して5年後の1909年(明治42)年には、酒殿駅(さかどえき)から貨物支線が志免(しめ)に向けて延ばされている。沿線の志免町、宇美町、須惠町に点在していた炭田(総称して「糟屋(かすや)炭田」と呼ばれた)で採炭された石炭を、博多湾へ向けて運ぶ貨物輸送線としての役割が強かった。その後の路線の変転は目まぐるしい。

 

1920(大正9)年には「博多湾鉄道」から「博多湾鉄道汽船」に社名が改められる。1942(昭和17)年には、合併により西日本鉄道の路線となり、路線名が糟屋線(かすやせん)となった。

 

さらに1944(昭和19)年5月1日、国鉄の香椎線となる。沿線の糟屋炭田が海軍省の手で開発されたこともあり、出炭された石炭は主に艦船の燃料として使われた。太平洋戦争の最中、軍事利用に欠かせない石炭を輸送していたために、国鉄に組み込まれて行くことになった。

↑太平洋戦争前の地図。今回、紹介の路線などを色付けしてみた(青は香椎線、エンジは貝塚線)。オレンジ線は旧・国鉄勝田線。勝田線は香椎線と同じく国鉄路線になった後に廃線に。内務省地理調査所発行「福岡」「太宰府」の5万分の1(昭和11年修正測図)を利用

 

上記の地図は昭和11年当時に測量され、戦後、昭和21年に発行された地図だ。現・香椎線に平行するように旧・勝田線(かつたせん)の線路が敷かれていた。勝田線は1918(大正7)年に「筑前参宮鐵道」という会社により開業された路線で、同路線も香椎線とほぼ同じ運命をたどる。

 

戦前に博多湾鉄道汽船などの民営鉄道と合併、西鉄の宇美線(うみせん)となる。さらに香椎線が国有化されたちょうど同じ日に、国鉄の路線となり、勝田線となった。

 

なお、勝田線は1985(昭和60)年3月いっぱいで廃線となった。JR九州の路線となることもなく消えていった路線だ。

↑旧・勝田線の志免駅(しめえき)跡。同駅へは香椎線の酒殿駅からの引込線も延びていた。現在、志免駅跡は「志免鉄道記念公園」としてホームや旧線路跡が整備されている

 

 

【香椎線を巡る旅1】九州らしい「バル」駅に早くも出会う

現在、香椎線の列車は、西戸崎駅〜宇美駅間を結ぶ朝の7〜8本の直通列車を除き、香椎駅を境に西と東に分断され、別々に運行されている。香椎駅〜宇美駅間(所要30分)と、香椎駅〜西戸崎駅間(所要25分)を結ぶそれぞれ列車で、日中は30分間隔で運転されている。

 

香椎駅を境に東へむかう宇美駅行きと、西へ向かう西戸崎駅行きでは車窓から眺める風景や、乗客を含め、趣がだいぶ異なる。そんな様子を含めレポートしよう。

 

路線は福岡市近郊にも関わらず全線が非電化だ。キハ47形という国鉄時代に生まれたディーゼルカーが走っている。

 

まずは山側の宇美駅を目指そう。語呂の一致にすぎないが、山側の終着駅が宇美(うみ)駅というのもおもしろい。

↑鹿児島本線と香椎線が接続する香椎駅。朝の西戸崎駅〜宇美駅間を直通する列車を除き、この香椎駅が香椎線の列車の始発駅となる。3番線ホーム(写真左)が宇美駅行き、手前の4番線ホームから西戸崎駅行きの列車が発車する

 

宇美駅行き列車が、キハ47形特有のディーゼルエンジン音を高らかに奏でつつ発車した。鹿児島本線の線路から徐々に離れ、次の香椎神宮駅を目指す。3つ目の土井駅で山陽新幹線の高架下をくぐった。

 

香椎駅を出発して15分ほどで長者原駅(ちょうじゃばるえき)に到着する。この駅で篠栗線(ささぐりせん)と接続する。博多駅から列車が直接乗り入れる篠栗線は列車本数ならびに乗客も多く、長者原駅で香椎線に乗り換える利用者も多い。

↑長者原駅で篠栗線と乗換えが可能。香椎線のホームが高架となっていて、篠栗線の線路を立体交差、またぐ形で走っている

 

ちなみに、九州の鉄道旅を経験された多くの方がご存知だと思われるが、ちょっと寄り道。九州では「原」という地名は、「ハル」または「バル」と読むことが多い。本州以北では、こうした読み方をする駅名がないだけに、ちょっと面食らう読み方だ。香椎線も例外でなく、長者原駅、新原駅(しんばるえき)といった「バル」と読ませる駅がある。

 

九州での例外は神が宿る「高天原(たかまがはら)」や、「舞松原駅(まいまつばらえき)」といった「松原」のような単語が絡む例に限られる。

 

「原」がなぜ「ハル」「バル」と読まれてきたのか。その理由には諸説あり、明確な答えは出ていないが、朝鮮起源説を唱える専門家が多いようだ。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON