乗り物
2019/2/19 19:00

いまコスパの高い「バイク」「自転車」「電アシ」をピックアップしてみた

本当にコスパの高いアイテムを様々なジャンルで紹介するコーナー。今回は、カーナビやドラレコなどのカー用品カテゴリのオススメを紹介します。プロがオススメモデル4台を選びました。

 

【解説する人】

ライター 並木政孝さん

自動車雑誌編集長を経てフリーランスで活躍しています。自動車だけでなく、バイクや自転車にも精通しています。

 

【その1】走りも使い勝手も抜群の110cc

ホンダ

スーパーカブ110 グリントウェーブ ブルーメタリック

27万5400円

1958年の生産開始以来、累計1億台を超えるカブの最新世代。丸目のヘッドライトに象徴される愛らしいデザインと、62.0㎞/ℓの圧倒的な燃費性能が魅力です。小型二輪免許が必要なこの110㏄モデルと、原付免許で乗れる50㏄型をラインナップ。

 

超タフ&低燃費&普遍デザイン

「そば店の出前」でおなじみのスーパーカブは、いまや5色のカラバリを用意するなど、商用バイクのイメージはほぼありません。パーソナルな“相棒”として人気が高い一台です。

 

小型二輪免許を持つ人には、110㏄がオススメ。原付の2倍以上の排気量で余裕の走りを実現するうえ、30㎞/hの速度制限や、面倒な二段階右折からも解放。ストレスなくツーリングを楽しめます。

 

25万円を超える価格は、高いと感じるかもしれません。しかし、圧倒的な燃費性能に加えて、商用バイク由来のタフさと色あせない普遍のデザインで一生乗り回せることを考えれば、実にハイコスパなのです。

【カラバリ】

 

【コレもハイコスパ!】圧巻の105㎞/ℓを誇る50㏄モデル

スーパーカブ50

23万2200円

普通自動車免許や原付免許しか持っていない人は50ccモデル。こちらも車両価格は安くないですが、カタログ値で105㎞/ℓという圧巻の燃費性能とランニングコストの安さでハイコスパを実現します。

 

【その2】電アシで珍しい折りたたみ型で約12㎏の超軽量を実現

TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE AL-FDB140E

実売価格9万9800円

電動アシスト自転車としては珍しい折りたたみタイプ。アルミフレームの採用により、モーターユニットを含めても約12.4㎏という軽量設計を実現しました。日常の“足”として使うだけでなく、手軽にクルマの荷室へ積んで、アウトドアアクティビティでも活用できます。

 

街でもアウトドアでも乗り倒せる

↑定格出力250Wのモーターユニットは、約480gと超軽量。アシストは1モードで、走行距離は約10〜12㎞です

 

↑工具を使わず簡単に折りたたみ可能。W610×H600×D465㎜となり、セダンのトランクにも余裕で収納できます

 

【その3】渋いデザイン&シマノ新型CLARIS搭載で走りも滑らか

FUJI BALLAD R

実売価格9万9360円

クラシカルで美しいクロモリフレームのロードバイク。コンポーネントにはシマノの新型CLARISを採用し、街乗りからロングツーリングまで快適な乗り心地を実現します。長く付き合えるシンプルなデザインはスーツスタイルにもマッチし、毎日の通勤にもオススメです。

 

文/酒井麻里子、きだてたく、中山秀明、永山昌克、並木政孝、平島憲一郎

撮影/高原マサキ(TK.c)、我妻慶一

TAG
SHARE ON