乗り物
クルマ
2019/7/18 17:30

ホンダからの新たな刺客!軽自動車戦国時代に新型「N-WGN」がキタ〜

ホンダのNシリーズから「N-WGN(エヌワゴン)」、「N-WGN Custom(エヌワゴン カスタム)」が8月9日に発売されます。ホンダは現在、軽スーパーハイトワゴンの「N-BOX」の売れ行きが絶好調ですが、この勢いがさらに加速しそうです。

【関連記事】

ホンダの「N-WGN」ティザー公開。Nシリーズの新型車はどうなる!?

 

2011年にデビューした「N-BOX」からはじまった「N」シリーズはホンダ独自の「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」によって生み出された広さ、心地良さを活かしてシリーズのラインナップを拡大。累計販売台数は約230万台におよびます(2018年度末 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)。2017年には2代目「N-BOX」がデビュー、そして2018年の「N-VAN」に続き、今回発表されたのが軽ハイトワゴンの「N-WGN」となります。

 

N-WGNのテーマは「New Simple!」と、すごく分かりやすい内容。「目指したのは、様々な人が自分らしさを投影でき、どのようなシーンでも便利に使えて、思った通りに走ることができる、生活のパートナー。当たり前のことが当たりまでにできて、しかも乗る人を楽しい気持ちにしてれくる乗り物です」とは、本田技術研究所 主任研究員の古舘 茂さん。

↑本田技術研究所主任研究員、古舘 茂さん。N-WGNの開発責任者でもあります

 

↑「モノ」としてクルマを所有するよりも、「日常の生活をより豊かに」してくれるクルマが求められています

 

フロントフェイス、ドア、リアゲートーー新型N-WGNのボディは、おおらかな面で構成されているのが特徴。パキッとした「折り目」はどこにも入っておらず、繊細なふくらみのあるボディラインで、本当にシンプルそのもの。生活になじむ、やわらかいカタチを目指しているのがわかります。

 

2代目N-BOXの軽量・高効率なプラットフォームを活用しながら、フロアを左右に横切るクロスメンバーを専用設計したうえで、高粘土接着剤によるボディ接合の適用部位も拡大しています。

↑N-WGNのボディカラーは、「ホライズンシーブルー パール&ホワイト」。価格は127万4400円~163万1880円です

 

↑N-WGNのボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1695mm

 

ボディカラーは、N-WGNが9つのカラーと4つの2トーンカラー、N-WGN Customが7つのカラーと4つの2トーンカラーを設定。パール、メタリック、ソリッドのいずれも、やわらかな表情と、しっかりとした佇まいが活きるカラーリングです。

↑N-WGN Customは、メッキパーツをふんだんにあしらっているのが特徴です。ボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1705mm。価格は151万2000円~179万3880円

 

エンジンはバルブコントロール機構VTECの採用によって、パワーと低燃費を両立したNA仕様と、電動ウェイストゲートバルブの採用で燃費性能とレスポンスの向上を果たしたターボの2種類をラインナップしています。NAエンジンは最高出力58PS、最大トルク65N・m、WLTCモード23.2km/L。ターボエンジンは最高出力64PS、最大トルク104N・m、WLTCモード22.0km/Lを誇ります。NA仕様では先代N-WGN対比約7%の低燃費比を達成。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON