乗り物
クルマ
2019/7/19 20:30

これが本命かも! クロスオーバーSUVの三菱「エクリプス クロス」の クリーンディーゼルエンジン仕様を徹底インプレ!

日本では昨年3月に発売がスタートした三菱「エクリプス クロス」に、2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジン搭載車が追加されました。これまでのエンジンは1.5Lのガソリンターボのみでしたが、ディーゼルが追加されたことでSUVとしての商品力が格段にアップしたことになります。

[今回紹介するクルマ]
三菱/エクリプス クロス(ディーゼル)
※試乗車:エクリプス クロス ブラックエディション

価格:306万1800円~342万4680円

【フォトギャラリー】※GetNavi web本サイトにてご覧になれます。

 

ガソリン仕様と同じく、クーペの要素をプラスしたテイストが持ち味

エクリプス クロスは、SUVの機能にクーペテイストのデザインを組み合わせたクロスオーバーSUVという位置付けになるモデル。それだけに、外観はリアピラーが普通のSUVより傾斜、スタイリッシュかつスポーティな風情を醸し出しています。この種のクーペ風SUVというと輸入車勢、特にプレミアムブランドでの選択肢が豊富です。最近ではアウディがラグジュアリークラスの「Q8」をリリースしたばかり。

草分け的存在となったのはBMWで、現在は「X2」、「X4」、「X6」という3モデルをラインアップ。メルセデス・ベンツも「GLCクーペ」と「GLEクーペ」を投入し、ポルシェは「カイエン・クーペ」の予約を開始するという具合。特にクーペと名乗らずとも、それに通じるデザインコンシャスな外観を持つという意味ではマセラティの「レヴァンテ」、国産勢ならマツダ「CX-5」やトヨタ「C-HR」も同じカテゴリーに属するといっていいでしょう。

↑フロントグリルはピアノブラック仕上げ。スキッドプレートはブラックマイカ仕上げに

 

↑リアのスキッドプレートも、フロントと同じくブラックマイカ仕上げとなります

 

エクリプス クロスに話を戻すと、そのボディサイズは全長4405×全幅1805×全高1685㎜。ホイールベースは2670㎜とコンパクトSUV級で、狭い日本の都市部でも扱いやすいパッケージにまとめられています。デザイン的な見どころは、フロントからリアに向けてせり上がる彫りの深いサイドのキャラクターラインや2分割されたリアウインドウと一体化して複雑な表情を見せるテールライト回り。そして「ダイナミックシールド」と三菱がネーミングするシャープな造形のフロント回りなど。

↑コンパクトなグラスエリアと前傾姿勢をイメージさせるエクステリアは、このクルマならではのポイント。試乗車は各部をブラックでコーディネートした特別仕様車の「ブラックエディション」

 

また、文字通り全体にエッジの目立つディテールも近年の三菱車らしいポイントといえるでしょう。こうしたエクリプス クロスならではの個性は今回追加されたディーゼル仕様でも変わらず。というより、ガソリンとディーゼルで外観上の差別化は特に行なわれていません。ディーゼルの駆動方式が4WDのみとなることを除けば、グレード構成もまったく同じです。

↑ホイールサイズはベースモデルの上級グレードと同じ18インチながらディスク面、センターキャップともどもブラック塗装仕上げに

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON