乗り物
クルマ
2019/11/11 21:00

軽やSUVが売れているけれど、クルマの本質はここにある。復権! 俺たちのセダン

ドライバーにとってはクルマを操る空間。同乗者にとってはくつろぐ空間。ここまでしっかりと区分けされているクルマは、ほかにない。デザインが秀逸に、インテリアは上質に、そして運転支援技術が進化したいまこそ、セダン復権のときが来ました!

セダンの人気が凋落しているといいます。荷物が乗らない、おじさん臭い。セダンを選ばない理由の一例ですが、セダンほど操る楽しみと人が快適に乗れる要素を兼ね備えたクルマは、ほかにはありません。

 

その理由は、低重心にあります。低重心だからこそ、カーブでも直線でも安定してクルマを操ることができるのです。セダンの流れるようなシルエットにより、走行時の空気抵抗も小さく、風切り音も気にならないほど。その静粛性は、同乗者にとっても快適な空間となります。

 

また、新型スカイラインに「ハンズオフ運転支援機能」が搭載されたように、先進の技術はセダンから導入されることが多いです。楽しく、快適に、そして安全に乗れるクルマ。いまこそ、セダンの良さを再発見すべきです。

 

セダンほど多様性をもったクルマは、ほかにない

トヨタ/クラウン

460万6200円〜718万7400円

日本専売モデルでありながら、世界一過酷なテストドライビングコースと言われるドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで徹底的に走りを磨かれた最新モデル。トヨタの意気込みが熱く感じられます。力強さを感じるデザインも魅力。

 

SPEC【RS Advance】●全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm●車両重量:1730kg●トランク容量:431ℓ(リアオートエアコンなしの場合)●パワーユニット:1998cc DOHC直列4気筒ガソリンターボエンジン●最高出力:180kW(245PS)●最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)●WLTCモード燃費:12.4km/ℓ

 

【クラウンに見るセダン復権の理由1】先進技術がいち早く搭載される!

いまのトレンドは、安全な運転をサポートする「運転支援技術」と、通信でいつでもつながる「コネクティッド」。各社のセダンにはいち早く導入されています。車線キープのサポートまでしてくれる技術や、緊急時に自動通報してくれるシステムもあります。

↑カメラで車線を読み取り、走行レーンのキープをサポートしてくれます。手を添えていれば、車線に沿ってステアリングが動くのは驚き

 

↑エアバッグが作動したときや緊急時にボタンを押した場合、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、緊急車両の手配をしてくれます

 

↑運転支援技術を支える単眼カメラ(上)やミリ波レーダー(下)を搭載。人や他のクルマの存在を検知して警告も行ってくれます

 

【クラウンに見るセダン復権の理由2】流麗なデザインはセダンの特権!

車高が高いSUVが人気ですが、低重心なセダンのデザインは他のタイプにはない魅力。最近ではルーフからトランクにかけて流れるようなシルエットを描くモデルも多い。「セダンってカクカクした凸形のクルマ」の発想は、もう古いです。

↑クラウン史上最高にスポーティなデザインとなった最新モデル。ルーフから後方に流れるシルエットが、これまでのクラウンには見られなかった流麗さを与えています

 

【クラウンに見るセダン復権の理由3】すべての席が“プレミアムシート”!

ドライバーやパッセンジャーシートはもちろんですが、リアシートに注目。背もたれと座面の角度が“座ったときに自然な姿勢”になるように工夫されているのがセダンです。ソファにくつろいで座る感覚で腰かけられるのが魅力。

↑クラウンはボディサイズが大きいゆえ、前後席ともゆったり。コンパクトなセダンでも、足元や膝周り空間に余裕を生む工夫が施されています

 

↑モニターのスイッチひとつでリアガラスのサンシェードの開閉が可能。これもリアシートに座る同乗者へのやさしい配慮と言えます

 

↑リアシートに座る人にも快適な空調を。夏は涼しく、冬は暖かい風を送ることが可能なリアエアコンアウトレットを装備

 

【クラウンに見るセダン復権の理由4】人と荷物がしっかり分けられる!

ミニバンやSUVは天井が高く、いろいろなモノを載せやすい。その反面、車内にいつまでも置きっぱなしの荷物が増えるのも事実。しかも、外から丸見え。居住空間と荷室をしっかり分けられます。それもセダンの魅力。

↑最近ではスペアタイヤを持たず、パンク修理キットを積載するセダンも多い。クラウンでは洗車用具などを常時積んでおけるスペースも確保します

 

↑グレードにもよりますが、定番の「ゴルフバッグ4個積載」を可能にしたトランク。積んでいるモノが見えないのは、プライバシーを守れる秘密?

 

まだある! セダンならではの魅力

 

細部まで作り込まれた内装

セダンのインテリアには、各メーカーとも手を抜きません。クラウンのカップホルダーは、使用時のみ存在が明らかになります。ボタンを押すと、ゆっくりとカバーが戻るのもニクイ。

 

走るオーディオルームとなる!

「クラウン・スーパーライブサウンドシステム」は、合計10個のスピーカーと8チャンネルのオーディオアンプを搭載。まさに“走るオーディオルーム”です。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON