乗り物
クルマ
2019/12/11 22:25

2020年の「ヨコハマタイヤ」の最新作は「クロスオーバーSUV向け夏タイヤ」と「オールシーズンタイヤ」、この2つを覚えておけば完ぺき!

横浜ゴムは2019年12月5日、2020年に向けてクロスオーバーSUV向けオンロード用サマータイヤ「BluEarth-XT AE61(ブルーアース・エックスティー・エーイーロクイチ)」と、ニーズが高まりつつあるオールシーズンタイヤ「BlueEarth-4S AW21(ブルーアース・フォーエス・エーダブルニーイチ)」を含む新たなタイヤ3種類を発表しました。タイヤ次第でクルマの乗り味や燃費は大きく変わります。その新たなタイヤが生み出す魅力について取材してきました。

↑横浜ゴムの新商品説明会が開催された目黒雅叙園(東京都)。入口には主力となるサマータイヤBluEarth-XT AE61と、オールシーズンタイヤBluEarth-4S AW21を展示

 

【発表製品01】クロスオーバーSUVオーナーは必見! 「BluEarth-XT AE61」は応答性を重視

発表会でまず説明されたのが、パフォーマンス的にもハイレベルなサマータイヤBluEarth-XT AE61です。クロスオーバーSUV専用のサマータイヤとして開発され、その特徴は「思い通りに走るシャープなハンドリング」「SUVの車内に静かな空間を提供」「偏摩耗に強く、長く使える」「低燃費に貢献」「濡れた路面でもしっかり止まるウェット最高グレードの安全性」の5点。国内タイヤラベリング制度では、すべてのサイズでウエットグリップ性能は最高グレード「a」を、低燃費グレードでは5段階評価中3グレード目の「A」を獲得しています。

↑クロスオーバーSUV向けサマータイヤ「BluEarth-XT AE61」。発売は2020年2月からで、サイズは18サイズを用意。順次サイズラインナップを拡充する予定

 

トレッドパターンは専用で開発した非対称パターンを採用。すべてのラググルーブとサイプを非貫通形状としたことで、高い剛性による安定感のある走りと静粛性の向上に大きく貢献したとのことです。次に紹介する「GEOLANDAR CV G058(ジオランダー・シーブイ・ジーゼロゴーハチ)」との違いについて、タイヤ企画本部 消費財製品企画部 製品企画1グループリーダー 小畑桓平氏は試乗した体験として、「GEOLANDAR CV G058はコンフォートテイストであるのに対し、BluEarth-XT AE61はステアリング操作の応答性に優れ、スポーティなタイヤとの印象を受けた」と語りました。

 

↑BluEarth-XT AE61。国内タイヤラベリングでは、すべてのサイズでウエットグリップ性能で最高グレード「a」を、低燃費グレードでは5段階評価中3グレード目の「A」を獲得

 

↑BluEarth-XT AE61について説明する横浜ゴム タイヤ企画本部 消費財製品企画部 製品企画1グループリーダー 小畑桓平氏

 

【発表製品02】M+Sなのに静か! ノイズに悩むクロスオーバーSUV派の新しい選択肢「GEOLANDAR CV G058」

次に紹介されたのがそのGEOLANDAR CV G058です。このタイヤはすでに2012年に発売されたクロスオーバーSUV向けタイヤ「GEOLANDAR SUV(ジオライダー・エスユーブイ)」の後継モデルとなります。そのポイントは安全性や静粛性など基本性能を高めながら、耐摩耗性能や低燃費性能に配慮しつつトータル性能を向上させたことにあります。

↑クロスオーバーSUV向けM+S対応タイヤGEOLANDAR CV G058。2020年2月より発売予定。全32サイズを揃えます

 

「M+S対応タイヤ」とはMUD、SNOWの頭文字を取った用語で、ぬかるみ、雪道も走れるという意味。実はSUVのユーザーからは「M+Sタイヤは高いグリップ力を持つメリットはわかるが、ロードノイズが大きいので買わない」との声が少なくないと言います。そこで開発に当たっては「M+Sタイヤの弱みであるノイズ性能を改善、乗り心地を向上」させ、「ウェット性能を向上」「長所である耐摩耗性、浅雪での性能確保」の3点に注力したとのことです。また、これまでと同様、M+S規格に適合していますが、冬用タイヤ規制に対する正式な能力は備えていません。

↑M+Sタイヤの弱点であるロードノイズを大幅に低減させているのがこのグラフからわかる

 

では、このM+Sタイヤはどんな人に向くのでしょうか。タイヤ企画本部 消費財製品企画部 グローバルSUVタスクリーダー 小島弘行氏によれば、「サマータイヤは市街地走行やハンドリング性能を重視する人、M+Sタイヤは郊外まで出かけることも多く、急な気候や路面の変化への対応力を必要とする人」に向くとのことでした。

↑GEOLANDAR CV G058について説明する横浜ゴム タイヤ企画本部 消費財製品企画部 グローバルSUVタスクリーダー 小島弘行氏

【発表製品03】欧州で先行していた注目度高な「BluEarth-4S AW21」が本格販売開始

そして、今回の発表で最も注目すべきと思われたタイヤが、乗用車用オールシーズンタイヤBluEarth-4S AW21です。その名前の通り、サマータイヤとしての能力を備えながら突然の降雪にも対応できるということで、一年中履きっぱなしで使えるというのが最大のポイントです。最近は非降雪地域でも突然のドカ雪で慌ててしまうことも少なくありません。また、シーズンごとにタイヤを履き替える手間も大変ですし、履き替えたタイヤの保管場所に困ります。オールシーズンタイヤならそんな心配は一切なくなるのです。

↑乗用車用オールシーズンタイヤBluEarth-4S AW21。2020年1月9日より日本国内で本格販売を開始。全19サイズを揃えます

 

実はこのタイヤ、すでに欧州では販売されていました。しかし、スタッドレスタイヤが普及している日本では販売する際に、その違いをどこまで理解されるか懸念があったということです。しかし、説明に立ったタイヤ企画本部 消費財製品企画部 製品企画2グループリーダーの増渕栄男氏によれば「販売店から購入者層は特に気にしないので混乱はしないとの声を聞くことができ、正式販売を決めた」ということでした。

↑オールシーズンタイヤとして、基本的なサマータイヤ性能を備えつつ、スタッドレスタイヤに近い雪上性能を合わせ持ちます

 

このタイヤはその“V字型”に展開されるトレッドパターンに特徴があります。サマータイヤであるBluEarth-GT AE51と比べ、溝とサイプのエッジ量は67%増として排水性と排雪性を大幅に向上させることで雪道でのグリップ力を大幅に高めたとのことです。タイヤにはM+Sに加え「スノーフレーク」マークが刻印されており、これによって冬用タイヤ規制が出されている状況下でもしっかりと対応できるのです。

↑BluEarth-4S AW21について説明する横浜ゴム タイヤ企画本部 消費財製品企画部 製品企画2グループリーダーの増渕栄男氏

 

ただ、圧雪路や氷上になるとスタッドレスタイヤほどのグリップ力は発揮できません。とくに凍結路では明らかな差が出ます。一方、オールシーズンタイヤということで一年中履きっぱなしになるわけですが、グリップ力が高まることで、たとえばエコタイヤに比べれば燃費面で不利になることは考えられます。ただ、ロードノイズについては「この手のタイヤとしてはかなり低い」(開発担当者)とのコメントを頂きました。発売は2020年1月。それまで期待して待ちたいと思います。

↑ほかにはトラック用ドレスアップタイヤ「PARADA PA3(パラダ・ピーエーサン)」(参考出品)オフロード4WD車向け「GEOLANDAR X-AT(ジオランダー・エックス・エーティー)」などが紹介されました

 

【フォトギャラリー(GetNavi webにてご覧になれます)】

TAG
SHARE ON