乗り物
鉄道
2020/4/26 18:30

【保存版】出会えたらラッキー!? ドクターイエローだけではない事業用「検測車両」をずらり紹介〈JR編〉

JR東日本マヤ50形 建築限界測定車

↑EF81形電気機関車に牽かれるマヤ50形。同写真は回送中のものだと思われる。機器が付く部分の構造はかなり複雑だ(写真右上)

 

建築限界を調べる測定車。ファンが付けた愛称は「光オイラン」

線路の周りには、安全に車両が通り抜けることができるかどうかの限界がある。この限界のことを「建築限界」と呼ぶ。この限界を調べるために使われるのが「建築限界測定車」だ。国鉄時代に用意された建築限界測定車は、客車のまわりに矢羽根が付けられ、建築限界を越えた障害物に触れると、矢羽根が折れ曲がる仕組みになっていた。

 

この形が花魁(おいらん)のかんざしに似ていたことから、同測定車は「おいらん車」と呼ばれた。現在は、こうした造りの車両はJR西日本にオヤ31形が1両残るのみで、JR東日本ではレーザー光線を利用して計測する「レーザー式建築限界測定車」を導入している。マヤ50形5001がその建築限界測定車だ。同車両はかつての呼び名にちなみ、鉄道ファンから「光オイラン」の名で呼ばれている。

 

◇運行の状況

運行はE491系「East i-E」か、キヤE193系「East i-D」の中間車として連結され、運行されることが多い。そのため、マヤ50形と探す時は、E491系とキヤE193系の動向に注目すれば良いことになる。とはいえ、両編成が走る時すべてにマヤ50形が連結されているとは限らない。そのために非常に出会いにくい車両になっている。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TAG
SHARE ON