乗り物
2016/7/18 9:00

信頼のクオリティに経済性の高さが融合! クリーンディーゼルBMW 118dの実力を総点検

プレミアム・コンパクト、BMW 1 シリーズにクリーンディーゼルモデルが仲間入り。1 シリーズならではの軽快なドライビングはそのままに抜群の経済性を獲得したこの新車種は、上質なファミリーカーとして人気を集めることでしょう。

 

BMWらしい上質感に経済性の高さをミックス!

BMW_01_螳溽判02_R

コンパクトなハッチバックとしてはクラス唯一の後輪駆動であることが魅力のBMW1シリーズに、クリーンディーゼル仕様が追加されました。搭載する2ℓユニットは、すでにミニバンの2シリーズ・グランツアラーなどにも採用されているもの。しかし、より小さなボディに強力なトルクを持つディーゼルという組み合わせだけに、走りには俄然期待が高まります。

 

その動力性能は、まさに期待通りの出来映えです。低回転で30㎏-mを超える最大トルクを発揮するとあって、アクセル開度の小さい領域でも1.5t弱のボディは力強い加速を披露。ディーゼルというと特有の騒音や振動が気になるところですが、少なくとも室内にいる限り、ガソリン仕様との違いを意識することはありません。その一方、1シリーズならではといえる質感の高さはそのまま。持ち前の燃費の良さと燃料費の安さまで考慮すれば、このクルマが上質なファミリーカーとして人気を集めることは間違いないでしょう。

 

 

ガソリン車との外観上の違いはエンブレムのみ

BMW_02_螳溽判_R

いかにも後輪駆動のBMWらしく、エクステリアは標準の状態でもスポーティな風情。ディーゼルであることを示すのはリアゲートのエンブレムのみで、自己主張は最小限です。

 

力強い走りと低燃費はディーゼルならでは

BMW_05_螳溽判_R

2シリーズ・グランツアラー用と比較すればトルクが若干絞られましが、それでも32.6㎏-mを叩き出す2ℓターボ。燃費は22.2㎞/ℓを誇ります。

 

こう見えて実用的な荷室も健在

BMW_06_螳溽判_R

前輪駆動のライバルに対して狭い印象を抱かれがちな1シリーズですが、使い勝手は同等以上。荷室容量は通常時で360ℓ、最大では1200ℓまで拡大します。

 

室内の違いもタコメーターの目盛りが少ない程度

BMW_03_螳溽判_R

BMW_04_螳溽判_R

ガソリンエンジンほど高回転まで回らないディーゼルエンジン。ということでタコメーターの目盛りは少なめです。インテリアの作りは、まさにBMWクオリティ!

 

BMW_07_螳溽判_R

BMW 118d

365万~385万円

 

【SPEC[118dスポーツ]】

全長×全幅×全高:4340×1765×1440㎜

車両重量:1480㎏

総排気量:1995㏄

エンジン形式:直列4気筒DOHC+ディーゼルターボ

最高出力:150PS/4000rpm

最大トルク:32.6㎏-m/1500~3000rpm

JC08モード燃費:22.2㎞/ℓ

 

【URL】

BMW  http://www.bmw.co.jp/ja/index.html

118d http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2015/118d.html

TAG
SHARE ON