乗り物
自転車
2021/12/5 18:00

ベネリ「MANTUS 27 TRK」は、初めてe-Bikeに乗る人におすすめ!通勤や街乗りにベストだ

近年、世界的に人気が高まっているe-Bikeと呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト自転車。特に注目度が高いのが、通勤・通学など街乗りに向いたクロスバイクタイプのモデルですが、価格もそれなりに高いのが、これから乗ろうとしている人たちにとってはハードルでした。今回取り上げるイタリアブランド、ベネリの「MANTUS(マンタス)27 TRK」というモデルは、価格を15万6000円(税込)と抑えたものにしているのが魅力です。

↑「MANTUS 27 TRK」は全長1800×全幅580mm、車両重量22.0kg。カラー展開はシルバー、ホワイト(写真)、ブラック(Probikeshop限定カラー)です

 

フレーム内蔵のバッテリーなどトレンドを押さえた装備

MANTUS 27 TRKは2021年11月初旬から発売がスタートしました。本自転車は一見しただけで、e-Bikeだと気付けるのはちょっと自転車に詳しい人でしょう。バッテリーをフレームに内蔵したインチューブ式としているため、パッと見ではフレームの太いクロスバイクのように見えます。モーターがリアの車軸と一体となったハブモーターとなっていることも、電動アシストっぽくない見た目に貢献しています。

↑フレームを前から見ると黒いカバーが付いている部分にバッテリーが内蔵されています

 

↑カバーを外せばバッテリーを取り外し可能。充電は車体に搭載した状態でも、取り外した状態でも可能で、充電時間は4〜6時間

 

↑モーターはAKM製で出力は250W。車軸と一体となっているので目立たないのもメリットです

 

ホイール径は27インチ。クロスバイクには700Cと呼ばれるロードバイクなどと同じサイズのホイールが採用されていることが多いですが、一般的な自転車と同じサイズとすることで価格を抑えるとともに、タイヤも選びやすくなるメリットがあります。ホイール径を小さくしていることと、フレームのサドル側を低く抑えた設計で、適応身長が151cm~と小柄な人でも乗れるようになっています。

↑ホイールは前後とも27インチと一般的な自転車のサイズとされています。価格を抑えるための工夫の1つでしょう

 

↑前後ともフェンダーが装備されているので、雨天でも乗りやすいのもメリット。フロントにはサスペンションも装備されています

 

↑フレームは直線基調のデザインですが、サドル側が低くなっているのでサドル高を低くすることが可能

 

↑サドルは細身ですが、クッション性は高いので初めてスポーツタイプの自転車に乗る人でも座りやすそう。サドル高は790〜980mm

 

変速ギアは後ろのみで7段となっています。前後に段数の多いギアを装備しているクロスバイクに比べると見劣りする数値かもしれませんが、アシストのあるe-Bikeではあまり多くの変速ギアは必要ないので、それを踏まえたセレクトと言えます。

↑変速ギアは7段でシマノの「TOUNEY(ターニー)」というグレードを採用しています

 

↑フロントには変速を搭載せず、チェーンが外れにくいように両側にガードのついたリングを装備

 

ブレーキは前後ともにディスクですが、油圧式ではなくワイヤーで引く機械式。この辺りも価格を抑えるための工夫の1つです。ブレーキレバーは大きめのしっかりと握るタイプで、手が小さい人にも握りやすくなっています。

↑前後ブレーキはテクトロ製の機械式ディスクとなっています

 

↑ブレーキレバーは4本の指でしっかり握ることができる大きめのタイプ

 

↑ハンドルは幅を580mmに抑えていて、普通自転車の枠に収まるので歩道の走行も可能

 

↑アシストモードの選択などを操作するスイッチはLEDのみのシンプルなもの。速度の表示機構などはありません

 

↑スポーツタイプの自転車にはないことも多いサイドスタンドも標準で装備しているので、気軽に駐輪することができます

 

e-Bikeならではの軽快な走りを味わえる

MANTUS 27 TRKはクロスバイクタイプのe-Bikeですが、採用されているホイールなどの細部を見ると、随所に一般的な自転車のパーツを採用していることがわかります。これによって価格を抑えつつ、スポーツタイプの自転車に不慣れな人にも乗りやすく仕上げるという意図が感じられます。

 

例えば、ブレーキレバーはスポーツ性を重視したクロスバイクでは2本の指で握るタイプとなっていることが多いのですが、このモデルでは4本の指で握るタイプなのでママチャリから乗り換えた人でも違和感なく握ることができます。

↑スピードの乗りも良く、e-Bikeらしい軽快な加速感と乗り味でした

 

逆に言うと、クロスバイクタイプのe-Bikeならではの軽快な走りをどこまで実現できているのか? という点が懸念されますが、実際に走ってみるとその心配は杞憂に終わりました。漕ぎ出しからスムーズなアシスト感で、自分がペダルを踏んだ力にきれいにアシストが上乗せされていくのが味わえます。

 

スムーズな加速には22kg(バッテリー含む)という車体の軽さも一役買っている印象。27インチというホイール径も、タイヤの外径は700Cと大きな差はないのでデメリットはあまり感じません。登り坂でも試乗してみましたが、アシストも十分強力で車重も軽いので、結構な斜度のある坂道もスイスイ登ることができました。

↑角度のある登り坂でも、ペダルを回してさえいれば登れてしまうのがe-Bikeのメリット

 

筆者はクロスバイクタイプのe-Bikeにもずいぶん試乗していますが、MANTUS 27 TRKはそれらと同じように軽快な乗り心地を味わうことができます。スポーツバイクに乗り慣れた人は、ブレーキなどの操作感に違和感を覚えることもあるかもしれませんが、このモデルがターゲットとしているのはおそらく初めてスポーツバイクに乗るようなユーザー。24km/h以上の速度で巡航したい本気度の高い乗り手は、もう少し価格が高めのモデルを選んだほうが満足できるかもしれません。とはいえ、ブレーキやシフトのフィーリングなどはパーツを交換することでも対応できる範囲。アシストのフィーリングなど、性能の根幹部分は十分な完成度に仕上がっていますので、これからe-Bikeデビューを考えている人は安心して選べるモデルです。

 

撮影/松川 忍

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

TAG
SHARE ON