雑貨・日用品
2019/4/29 15:00

アウトドアナイフの決定版なるか。折りたためてメンテも簡単なのに使い心地は「包丁」のナイフが登場

金物の街「播州三木」にて120年以上の歴史を誇る大工道具の老舗メーカー、神沢鉄工が、新製品「折畳式料理ナイフ」をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて先行販売をしています。

 

本製品は30~50歳代のファミリーキャンパー、特にキャンプ初心者へのエントリーナイフとして、手軽にメンテナンスでき、家でも外でも包丁のように使える料理用のナイフです。「絶妙カーブ」によって、包丁のような作業性を実現。押し切りや刻みもスムーズになっているのが特徴。

 

【ポイント01】優れた携帯性

刃を折りたたんで、コンパクトかつ安全に持ち運ぶことができる。専用ケースに入れればさらにスマート。

 

【ポイント02】メンテナンスがカンタン

包丁と同じ刃付けをしているので、包丁用のシャープナーを使えば手軽に刃研ぎができます。

また、ナイフの隅々まで掃除ができます!人気ナイフキット「It’s my knife folding」をルーツとしたシンプル  構造なので、誰でも簡単にばらせて組立可能。

 

【ポイント03】選べる持ち手は3種類

独特の削り跡を残す日本古来の加工法を表現した「名栗サーモアッシュ」、スケートボードの廃材を主な素材とする木素材ブランド「MadWood」とのコラボモデル、耐久性・耐水性が高く、抗菌、防虫性にも優れたアジアの銘木「ビルマチーク」。ナイフの持ち手は、個性豊かな3種類からお選びいただけます。

「Mad Wood」とのコラボモデルは、カラフルなボーダー柄が独特の存在感を放ち、刃物との相性は思った以上に◎。FEDECAにとっては、初のコラボ商品です。一つ一つ丁寧に手作業で貼り合わせた板はすべてが一点もの。偶然の出逢いとしてお愉しみいただければ幸いです。

※ 特徴まとめ

 

「ナイフ持ってみたいけど何に使ったらいいの?」「メンテナンスってどうしたらいいの?」といった声に、真正面から向き合いました本商品。多くの人に手に取っていただきやすいよう、あえて料理用とうたっていますが、料理だけでなく、木を削ったり、紙を切ったり、いろんなことができるんです。

 

「刃物で暮らしを豊かに」

 

老舗の刃物メーカーとして、このナイフを通じて、刃物が少しでも多くの皆様にポジティブな存在になることを願っているとのことです。

 

 

【商品概要】

折畳式料理ナイフ  ビルマチーク
希望小売価格7452円(税込み)

 

折畳式料理ナイフ Mad Wood コラボモデル

希望小売価格8424円(税込み)

折畳式料理ナイフ  名栗サーモアッシュ
希望小売価格9072円(税込み)
TAG
SHARE ON