雑貨・日用品
インテリア
2019/5/7 22:05

“インテリア迷子”へテーマ別に紹介!おすすめのインテリア通販13選

インテリアのコーディネートについていろいろ試してみたいけれど、テイストもアイテムも、選択肢が多すぎて断念してしまった、という人は多いのではないでしょうか。

 

自分のテーマやコンセプトとマッチさせることで、最適なインテリアを整え、住みやすい環境を作ることができます。今回は、「北欧系」「ひとり暮らし派」「子どものいるファミリータイプ」「とにかくオシャレ派」「リビングのコーディネート」、この5つのテーマで、おすすめのインテリア通販サイトと、コーディネートの実例などを紹介していきます。これで迷うことなく、自分のイメージにマッチしたインテリアコーディネートができるはず。

 

【関連記事】
インテリアの答えはここにある! フランフランで選ぶ秋冬模様替えアイテム

 

テーマ1「北欧系」

インテリアを選ぶ上で大切なのは、テーマやコンセプトを決め統一感をもってコーディネートすること。その中でも「北欧系」は、温かみのある雰囲気を作り出してくれるため人気です。まずは、北欧系でインテリアをコーディネートする上でのポイントについて、解説します。

 

北欧系におすすめのショップ

1.hocola

「株式会社スクロール」が運営している北欧系家具の通販サイトの「hocola」。イメージ通りの温かみを感じさせる家具だけでなく、オリジナルの北欧系カーテンや照明、バス用品など、数多く商品を取り揃えているのが特徴です。ホームページから検索をかければ、カテゴリ別に検索することもできるため、お気に入りの家具を手早く見つけることもできそうです。

 

2.greeniche

北欧系の家具の王道からオリジナル商品まで取り揃えている「greeniche」は、シンプルでありながら、組み合わせ次第では癒し系の雰囲気を演出することもできる家具が多いのが特徴です。動物モチーフのインテリア小物も多くラインナップしているので、北欧系のインテリアショップを探しているのであればこちらもおすすめ。

3.NOCE

おしゃれで手頃な北欧系インテリアを探しているのであれば「NOCE」がおすすめです。便利なキャビネットやシェルフなどが数多く選択肢が豊富です。

 

続いて、コーディネート例を見ていきましょう。

 

北欧系のコーディネート例

1.ホワイト一色のナチュラルタイプ

北欧系のインテリアといえば、白の家具でナチュラルな仕上がりにまとめるのが定番。明るい雰囲気の部屋を作りたい人に、とくに人気です。部屋を広く感じさせることも可能です。

 

2.ウッドテイストの家具で温かみ倍増

日本のインテリアというと、和の家具を取り入れたり皮革を使ったアイテムを取り入れたインテリアが多いイメージがありますが、北欧系のインテリアなら、ウッドテイストの家具を取り入れて、ナチュラルな仕上がりにするのがおしゃれです。

 

3.北欧テキスタイルで色柄が溢れる空間に

北欧といえば、幾何学模様やナチュラルな模様の雑貨が多いのが特徴です。ちょっとしたアクセントとして部屋に飾るだけでも、印象が変わるのでぜひ取り入れてみましょう。

 

続いてのテーマ、「ひとり暮らし」ならではの良さを引き出すコーディネートをみてみましょう。

 

テーマ2「ひとり暮らし派」

せっかくのひとり暮らしであれば、インテリアにもこだわりたいところ。ちょっとした雑貨があるだけで明るいイメージの部屋になります。では、おすすめのショップや、どのようなコーディネート例があるのか、紹介していきましょう。

 

ひとり暮らし派におすすめのショップ

1.Francfranc

女性向けの家具が多く取り揃えられている「Francfranc」は、“25歳の女性がターゲット”となっており、シンプルでおしゃれな家具がたくさんあります。シンプルでありながら、ちょっとしたアクセントになるアイテムも多いので、インテリアにこだわりたい人にはおすすめです。

 

2.無印良品

ひとり暮らしの強い味方である「無印良品」は、無難でシンプルな家具が多いので、手持ちのアイテムと合わせてコーディネートしやすいのも特徴です。体にフィットするソファなど、利便性も高い家具もたくさんラインナップしており、お気に入りのアイテムが見つかることでしょう。

 

3.IKEA

部屋丸ごとをプロデュースしているため、簡単にコーディネートのイメージがしやすい「IKEA」。手軽で欲しい家具が必ず見つかるため、ひとり暮らしをするならぜひチェックしておきたいショップです。家具の種類も豊富なので、自分の好みのアイテムを集めて、理想の部屋を作ってみてください。

 

ひとり暮らし派のコーディネート例

1.カラーに統一感をもたせる

ひとり暮らしの部屋はワンルームなどが多く、そこまで広いスペースを確保できないのが実情でしょう。そのため、インテリアにたくさんの色を使うと、ごちゃごちゃとした印象になってしまいます。そのため、カラーには統一感を持たせて、スッキリしたコーディネートを意識しましょう。

 

2.海外インテリアでシャープな部屋に

海外のインテリアを取り入れることで、スッキリしたシャープな印象を部屋に与えることができます。アイテム自体がおしゃれなデザインのものも多いので、ぜひ小物だけでも集めてみましょう。

 

3.照明で明るく可愛い部屋に

ひとり暮らしの部屋を明るい印象にしたいのであれば、照明を可愛いタイプにすると、一気に明るい部屋に変わります。おしゃれな照明を取り入れて、ちょっとしたアクセントにしてみてください。

 

テーマ3「子どものいるファミリー向け」

子どもがいる家庭では、機能性が高く、それでいておしゃれなインテリアを意識することが大切です。どのようなコーディネートにしたらいいのか、紹介していきます。

 

子どものいるファミリーにおすすめのショップ

1.Re:CENO(リセノ)

おしゃれで実用的な子ども用家具が多い「Re:CENO(リセノ)」は、部屋の写真もホームページで掲載されているため、イメージがしやすいのが特徴です。ファミリータイプのインテリアで困った時は、まずは一度Re:CENO(リセノ)で探してみましょう。

 

2.ベルメゾン

大型家具の種類が豊富な千趣会の通販「ベルメゾン」。夫婦や子どものための家具を選ぶのにおすすめのショップです。

 

3.IKEA

ファミリー用の家具といえば、ここでも「IKEA」は外せません。子ども用の家具も豊富で、ファミリーが揃って使える家具が満載なのが魅力です。

 

 

子どものいるファミリー向けコーディネート例

1.くつろげるリビング

夫婦で一緒に過ごす空間は、落ち着いた雰囲気を演出したいものです。落ち着いた色合いに、機能性の高い家具を揃えて、ゆっくりできるインテリアを意識していきましょう。

 

2.収納性が高い家具を集める

子どもがいる家庭では、おしゃれな家具も大切ですが、収納力のある家具の方がおすすめです。部屋のなかに1ヶ所は収納力の高い家具を置いておくといいでしょう。

 

3.木目調でナチュラルな雰囲気に

子どもがいて忙しくても、木目調のナチュラルな家具をリビングに置いておけば、気持ちも落ち着きやすくなります。ほっとひと息つける空間を作りたい人におすすめです。

 

テーマ4「とにかくオシャレ派」

自分の部屋をとにかくおしゃれにしたいという人は、インテリアコーディネートではカラーやコンセプトをしっかり意識することが大切です。どのようなコーディネートがおすすめか紹介していきます。

 

とにかくオシャレ派におすすめのショップ

1.IDÉE(イデー)

家具や雑貨の種類が豊富な「IDÉE(イデー)」は、ナチュラルなイメージのアイテムとともにポップな色合いの家具も多く、おしゃれな家具を見つけることができます。

 

2.ACTUS(アクタス)

家具や雑貨など、さまざまな種類を豊富に用意している「ACTUS(アクタス)」。おしゃれなデザイナーズ家具を見つけることができるので、参考としてもチェックしてみましょう。

 

3.a.flat(エーフラット)

アジアンリゾート風の家具が人気の「a.flat(エーフラット)」。リラックスできる雰囲気の家具を多く取り揃えています。

 

とにかくオシャレ派のコーディネート例

1.ホワイトと木目調でカフェ風に

“お家カフェ”といった雰囲気のおしゃれなイメージでまとめたいのであれば、ホワイトに木目調の家具を組み合わせれば、カフェ風のおしゃれな部屋にすることができます。

 

2.2色の家具で統一感アップ

家具の色は、複数あるとケンカしてしまい、ごちゃごちゃと落ち着きのない部屋になってしまいます。センスを感じられるようなインテリアにしたいのであれば、インテリアに使っていいカラーは2色まで、と決めておくようにしましょう。

 

3.アンティークの小物

アンティーク系の小物を取り入れれば、ちょっとしたアイテムでもおしゃれに演出することできます。ほかの部屋とは違うアクセントが欲しい人におすすめです。

 

テーマ5「リビングのコーディネート」

リビングは家の中でも落ち着けるスペースとして、また人を呼ぶこともある空間なので、より一層コーディネートが大切になってきます。どのようなインテリアがおすすめなのか紹介していきましょう。

 

リビングのコーディネートにおすすめのショップ

1.無印良品

リビングの家具といえば、無印良品は外せません。シンプルでありながら実用性の高い家具が多いので、理想の家具が見つかるはずです。

 

2.BoConcept(ボーコンセプト)

デンマーク家具を取り扱っている「BoConcept(ボーコンセプト)」は、モダンな家具が多く、落ち着いた雰囲気のリビングを作るのにおすすめのショップです。

 

3.journal standard furniture

アパレルショップが運営する家具「journal standard furniture」は、独特のテイストで統一感があります。ヴィンテージ感がリビングをおしゃれな雰囲気にしてくれます。

 

リビングのコーディネート例

1.黒と白のモダン調

家具を黒と白に統一することで、“モダンリビング”といった雰囲気を作り出してくれます。シンプルなデザインが好きな人におすすめです。

 

2.和紙の照明で和テイスト

リビングに取り付ける照明に、和紙が用いられたものを選べば、和テイストなリビングが完成します。おしゃれな雰囲気でおすすめです。

 

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)

 

TAG
SHARE ON