雑貨・日用品
2019/6/21 19:30

“無香”に逆戻り!? 形状記憶も登場!進化した最新洗濯洗剤の選び方

ドラッグストアやスーパーマーケットにずらりと並ぶ洗濯洗剤は、機能も形態もさまざま。さらに最近は、メーカー各社が商品開発に力を入れており、新しいタイプの洗剤も続々と登場しています。

 

でも普段、どんな違いがあるのかわからないまま選んではいませんか? 洗剤は、洗う衣類によって使い分けたほうが、効果を最大限に発揮できるもの。今回は、学生時代から洗濯洗剤に凝り、洗濯好きが高じて繊維メーカーに勤めた経験を活かして情報を発信している“ランドリースペシャリスト”の一條 徹氏に、洗剤の使い分けやトレンドについて教えてもらいました。

 

香りブームの次は“香りなし”が洗剤のトレンド!?

2009年にアメリカから輸入され一大ブームを巻き起こした、香りのある柔軟剤「ダウニー」を筆頭に、数多くのメーカーからさまざまな香りの柔軟剤が発売されています。ひとつのブランドにも数種類の香りがラインナップし、陳列棚に香りのテスターの用意があることも少なくありません。

 

「香りの好みは人それぞれですから、ラインナップが多いことで、自分が気に入ったものを選べるのが魅力です。しかし一方で、香りを不快に思う方がいることも事実です。“香害”という言葉が生まれたのも記憶に新しいでしょう。そこで周りの人に不快感を与えないよう、香りのないタイプが生まれているのが、ここ最近の傾向なのです」(ランドリースペシャリスト・一條 徹氏、以下同)

 

無香性・微香料のおすすめ商品

香りの不快感を減らすことのできる、洗濯洗剤や柔軟剤の香り残りが少ない、あるいは無香のものをまとめました。

 

・洗い上がりの香り残りが少ない洗剤

花王「アタックZERO ワンハンドタイプ」
オープン価格
今春発売されたばかりのアタックZEROは、高い洗浄力と抗菌洗剤を超えた消臭力に優れ、生乾きのニオイを抑えることができます。「微香性で、洗い上がりに香りがあまり残らない使用感です。マンションのベランダで洗濯物を干しているだけで、近隣の方に香りの害があるという場合もありますから、注意したいものですね」

 

・肌触りにこだわった無香性の柔軟剤

花王「ハミング リンネ ふわり」
オープン価格
花王で初の無香性柔軟剤は、柔軟剤本来の役割である“肌触りのよさ”を重視した柔軟剤です。「柔軟剤とはいっても、香りをつけることが大きな目的になりつつあった中で、洗い上がりのよさを大切にした柔軟剤です。お子さんのいるご家庭や、サービス業など人と近くで接する機会の多い方、香りが苦手な方などにおすすめです」

 

まずは最新トレンドの無香料タイプを取り上げましたが、続いて、粉末や高濃度液体といった、形状別の特徴と最新モデルについて解説していただきましょう。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON